インターコンチネンタル・バンコク スイート宿泊記 その2 バス&ベッドルーム [タイ バンコク 2011年宿泊]

バスルームは面積は広いが、少し変則的な形になっている。シャワーブースはやたらと大きく、3人ではいっても十分なくらいの大きさ。
bangkok 143.jpg


ブースにはハンドシャワーとレインシャワーの両方が設置されており使い勝手が良いし広くて快適。一方で洗面シンクがシングルなのは残念。やはりダブルシンクにはして欲しいところ。
bangkok 158.jpg
bangkok 145.jpg
bangkok 146.jpg
アメニティーはGINSENG & MACADAMIAというマイナーなもので、使い心地は普通。こういったホテルのこのランクの部屋の場合、ロクシタンレベルはクリアしてほしい。
bangkok 148.jpg
コンセントは様々な形状や電圧に対応できるようになっているが、一部うまく差せないものがあったのを除けばとても便利。
バスタブは大きく、足を延ばせるサイズ。深さもあるため日本人にも使いやすい形状。
bangkok 144.jpg
ベッドルームは扇型の空間でラウンドした部分はすべて窓となっている。
bangkok 136.jpg
bangkok 138.jpg
bangkok 139.jpg
クラブフロアについては3点までランドリーやプレスが無料。
bangkok 137.jpg
ベッドルームのドレープカーテンを開けるとこんな感じ。
bangkok 251.jpg
bangkok 252.jpg
リビングと同様、こちらも落ち着いたインテリア。

add_theme_support('post-thumbnails');