8月に久しぶりに赤坂のANAインターコンチネンタル東京に宿泊しました。昨年の夏は毎週のように宿泊していましたが本年度は初だと思います。

DSC_4688


今回宿泊した部屋カテゴリはプレミアツイン。もともと古いホテルなので部屋面積は狭いながらもうまく空間を使っていて、スイート以外ではこのホテルで一番良いと思っているタイプです。

DSC_4690


DSC_4692


DSC_4702


DSC_4704


DSC_4701


窓側には2人掛けのソファ、デスクもしっかりしたデスクチェアがあります。

DSC_4697


DSC_4696


ミニバーコーナー。ちょっとごちゃついてはいますが鉄瓶の急須、エスプレッソマシン等一通りのものは揃っています。

DSC_4707


DSCPDC_0002_BURST20180817155834447_COVER


DSC_4709


DSC_4711


インターコンチネンタルアンバサダーのウェルカムフルーツとギフト。

DSC_4705


DSC_4706


ここで出てくるブドウはいつも美味しいです。羊羹やおかきももうお馴染みです。

バスルームはベッドルームと一部ガラスで仕切られています。

DSC_4741


洗面カウンター。狭いですが機能的にできていて使い勝手はそこまでは悪くありません。

DSC_4716


バスタブにはテレビもついています。

DSC_4727


この部屋カテゴリのヘアケア及びボディケア関連のアメニティはタイのブランドTHANNです。あのインターコンチネンタル標準のものはあまり好みではないのでこれはうれしいです。

DSC_4742


バスタブとはスルーになっていますがシャワーはブースで仕切られています。ボディーシャワーもあります。

DSC_4722


DSC_4724


テレビ下のローボードには外国人が喜びそうなデザインの浴衣や金庫。

DSC_4736


更に下段にはナイトウェアもあります。

DSCPDC_0003_BURST20180817160117434_COVER


こちらは荷物台の下の引き出し。

DSC_4734


クロゼットにはバスローブやアイロン台もはいっています。

DSC_4729


DSC_4731


DSC_4733


この時の宿泊はクラブアクセスをつけているので、次回はクラブインターコンチネンタルのご紹介をします。