先日ANAインターコンチネンタル東京に宿泊した際には、ラグジュアリーカードの特典をフルに利用して過ごしました。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)では国立新美術館の企画展が企画毎に期間中の金曜日、本人と同行者まで無料で楽しむことができます。

Screenshot_20180911-074037_crop_533x635


ホテルのラウンジでカクテルタイムを楽しみ、その後に国立新美術館に向かいました。夏の期間は21時まで美術館が営業していますのでこんな利用の仕方も可能です。

DSC_4894


館内の案内所でラグジュアリーカードのアプリを見せるとチケットをいただけますので、それをもって企画展の入り口に進みます。この時は肖像芸術にスポットを当てたルーヴル美術館展でした。

DSC_4902


DSC_4904


DSC_4906


最近の企画展では一部の絵画のみ撮影可になっていることも多いですが、今回はすべて撮影は不可でした。展示されていた中では個人的にはレンブラントがとても印象に残りました。

DSC_4907


こんなパネルも置いてありました。

DSC_4911


DSC_4915


鑑賞後は歩いて六本木まで。

DSC_4921


DSC_4919


この日はラウンジで結構食べてしまったため軽く牛肉麺で済ませましたが・・・

DSC_4925


以前に使ったことのあるラグジュアリーリムジンでレストランを予約しておけば任意の場所(今回だとホテルや美術館から)レストランまで往路のハイヤー送迎(ブラックカードの場合)を頼むこともできます。

過去記事:ラグジュアリーリムジンを利用してみた
http://travelife.blog.jp/archives/75602145.html

あるいはアメックス等他のカードでも同様のサービスがありますが、提携している「招待日和」が提供するサービス(2名以上の予約で1名無料)を利用するのもいいかもしれません。

翌日は15時までチェックアウトを延長(というかインターコンチネンタルのアンバサダー会員の場合は申し出なくても16時まで自動的にレイトチェックアウトになります)し、その後六本木のTOHOシネマズへ。TOHOシネマズはラグジュアリーカード(ブラックカード)で月に2回まで1名分の料金が無料になります(ドルビーアトモスとかは追加が発生します)。裏技を遣えば2名分無料にできなくもないですが面倒なので、ここは素直に1名分無料で利用します。

予約は専用電話で日時と映画名を伝えて予約するだけで完了。メールで予約番号が送られてきます。

DSC_4992


DSC_4996


こちらのシネマは作りも豪華ですね。

DSC_4999


DSC_5003


あまり難しいことを考えずに見たい気分だったので「ミッション:インポッシブル」を。

DSC_5007


映画を鑑賞後は六本木ヒルズを通って麻布十番へ。

DSC_5009


DSC_5012


麻布十番に行くと必ず立ち寄るのが「HUDSON MARKET BAKERS」。こちらのケーキや焼菓子は安くはありませんが本当に贅沢に材料を使っていて美味しいです。

DSC_5020


DSC_5018


DSC_5023


麻布十番からは南北線で飯田橋まで戻りました。

ラグジュアリーカードの回し者ではありませんが今後もいろんな「体験」をサービスとして提供してくれるとうれしいなと思います。