羽田空港はプライオリティパスで利用できるラウンジがありませんので、国際線に搭乗する際は航空会社のラウンジを利用することがほとんどです。

そんな中、今回はカードラウンジを利用してみました。

羽田空港国際線のカードラウンジはSKY LOUNGEとTIAT LOUNGEがありますが、通常各種ゴールドカードで案内状されるのはSKY LOUNGEのほうです。こちらはほぼドリンクぐらいしかありません。

一方でTIAT LOUNGEのほうは一部の航空会社の指定ラウンジとなっていることもあり、ある程度フードも揃っています。但し利用できるのはラグジュアリーカード、ポルシェカード、レクサスカード、MIゴールドカード等、限られたカードのみとなります。

今回はラグジュアリーカードを使って入室しました。

場所は出国審査を抜けた正面のエスカレーターを上ったところです。

DSC_3968-600x450


ラウンジ前から後ろを振り返ったところ。

DSC_3965-600x450


中の雰囲気はご覧の通りで一般的なカードラウンジと比較しそれほど異なる印象はありません。

DSC_3948-600x450


DSC_3949-600x450


DSC_3963-600x450


DSC_3963-600x450
フード類は一昔前の日系ラウンジを思い出すようなラインナップです。

DSC_3951-600x450


DSC_3955-600x450


牛丼の素や、やきそば、カップラーメン等もありますのでお腹を満たすことはできます。

DSC_3956-600x450


DSC_3958-600x450


ドリンク類。ウイスキーは知多がありました。

DSC_3952-600x450


DSC_3950-600x450


一部半個室風になっているスペースもあります。

DSC_3962-600x450


雑誌類も揃っています。

DSC_3959-600x450


航空会社のラウンジに入れるのであればわざわざ行くほどではありませんが、例えばLCCで旅行する際には価値がありますね。