ウォルドーフアストリア バンコク キングデラックスパークビュールーム宿泊記その3 バスルーム(年末バンコク旅行2018 その8)

ウォルドーフアストリア バンコク キングデラックスパークビュールーム宿泊記、続いてはバスルームの様子をお伝えします。こちらの部屋全体の広さは約50平米、ベッドルームがそれほどの広さに感じないのはバスルームの面積を広くとっていることもあります。

DSC_0701
DSC_0705

洗面カウンターはダブルシンクです。バスタブとシャワーブースの位置は違うもののヒルトン釜山などとも少し似ているレイアウトや雰囲気です。

DSC_0717
DSC_0645

バスアメニティーはサルヴァトーレ フェラガモのタスカンソウルシリーズです。日本ではホテルニューオータニの「エグゼクティブハウス禅」の部屋でいち早く導入されていたと記憶しています。

DSC_0646
DSC_0000_BURST20181222161859708

バスタブはゆったりと足を伸ばして入れる大きさ。

DSC_0634
DSC_0673

トイレはTOTOウォシュレットです。

DSC_0674

シャワーブースには仕切りはありませんが、スペースは広く取られており水が洗面側にはねることはありませんでした。大きな掃き出しサイズの窓がついていますが、これって全開でシャワーを浴びたら外から丸見えな気がします。レインシャワーとハンドシャワーの両方がついています。

DSC_0650
DSC_0652

クロゼットはウォークインの開放型と扉があるタイプの両方があります。写真は扉のあるほうです。

DSC_0631
DSC_0633
DSC_0657

徐々に日が暮れてきて、窓からは夕日を見ることができました。

DSC_0000_BURST20181222173245165

ではそろそろ出かけましょうか。こちら夜のフロントロビー階です。

DSC_0727
DSC_0724

1階のエントランス階でgrabで手配したクルマを待ちます。

DSC_0789
DSC_0790
DSC_0797

夕食は別途ご紹介する予定です。
出かけた後戻ってくるとターンダウンが行われた状態となっていました。

DSC_0811
DSC_0808

クロゼットにかかっていたバスローブも高級感がありますね。

DSC_0820
DSC_0821

部屋内のご紹介は以上です。

add_theme_support('post-thumbnails');