フィンランドのヘルシンキ ヴァンター国際空港はコンパクトで使いやすい空港です。ただコンパクトなゆえに近年では空港内の混雑が激しくなっており、ラウンジも例外ではありません。

DSC_6021


幸いにしてターキッシュエアラインのチェックインカウンターは空いていました。

DSC_6023


ヴァンター空港ではプライオリティパスで利用できるラウンジは3か所あります。ひとつは今からご紹介するASPIRE LOUNGE、そして隣接するFly Inn Restaurantはラウンジではなくレストランで指定のメニューが楽しめるタイプです。以上の二つはシェンゲンエリア圏内にあります。3つめはシェンゲンエリア圏外にあり次回ご紹介するAlmost@Homeラウンジです。

ラウンジは搭乗者が利用するコンコースから1フロア上がったところにあります。階段を上るとまずFly Inn Restaurantが目に入りますが、こちらのセットメニューは朝食時間帯とランチのみの提供であり今回はスルーします。

DSC_6027


DSC_6026


DSC_6028


ASPIRE LOUNGEはそれほど広くはないものの様々なタイプの椅子がありデザインも凝っているので、息苦しさや居心地の悪さというのは混雑度ほどは感じません。

DSC_6029


DSC_6035


DSC_6043


こちらに座っている人は誰もいませんでした。

DSC_6042


DSC_6041


壁をくりぬいたような席も。

DSC_6039


DSC_6040


フードは種類は限られサラダやハム、チーズ、デザート等が中心となります。

DSC_6032


DSC_6031


DSC_6030


プライオリティパスで入ることができるラウンジとしては悪くないほうですが、もう少し空いていると寛げるんですけどね。

シャワーもあるようですが有料か無料かは未確認です。次回来ることがあればとなりのレストランも利用してみたいですね。厨房が同じで出ているビュッフェメニューも同じというオチはあるかもですが。