バンコクのタイ料理「イッサヤ・サイアミーズ・クラブ」Issaya Siamese Club でランチ(年末バンコク旅行2018 その10)

バンコクでミシュランやアジアベストレストラン50に選ばれるレストランは外国人シェフが多いのですが、こちらはタイ版の「料理の鉄人」であるタイ人のイアン・キットチャイ氏の経営するレストランです。氏はタイ料理出身のシェフではなく以前はバンコクのフォーシーズンズホテルにもいたことがあるようです。こちらのレストランは連続してアジアのベストレストラン50にも選出されています。
レストランへは宿泊していたウォードルフアストリアからGrabを使ってアクセスしました。

DSC_0894

店内はパステルカラーでリゾートっぽい雰囲気です。

DSC_0899
DSC_0900

この日はランチで2つあるコースのうち安いほう(1800THB)をチョイスしました。というのもコースの量が多いと聞いていて昨晩もガッツリとタイ料理を食べていたからです。
最初に前菜の盛り合わせが。色彩も美しいですね。こちらを食べながら気持ちも高まってきました。

DSC_0904
DSC_0905
DSC_0906

次の皿はバナナの花のサラダ。こちらのシグネチャーメニューの一つです。辛さや甘さのバランスがちょうど良いです。

DSC_0909

続いてサーモンパッタイサラダ。タイ料理でサーモンってあまりない気がしますが、外国人でも受け入れやすい料理ですね。

DSC_0910

どのお皿にも感じるんですが、見た目も凝ってはいるのですが基本的には「食べて美味しい」料理だと言うことです。プレゼンを意識しつつもプレゼン先行でないところが好感が持てます。
肉料理も何品も出てきます。最初はポークリブ。甘辛いソースではっきりとした味です。ビールが進む料理ですね。

DSC_0914
DSC_0915

ここで小休止。アイスが出てきました。

DSC_0917

チキンはその場で炎で炙って仕上げるプレゼンがあります。こちらはあっさりというか淡白な味です。ボリュームがすごいですね。

DSC_0919
DSC_0923

そして羊肉のマッサマンカレー。イスラム系が多いタイ南部の料理になります。肉はほろりと柔らかく煮込まれていています。カレーは濃厚ですがしつこさはありません。

DSC_0922

海老の料理は少し中華風の味付けですね。

DSC_0924

〆はこちらです。

DSC_0925
DSC_0927

デザートはパンナコッタ。アイスとともにジャスミンの風味を感じます。

DSC_0928

創作料理と聞いて一抹の不安があったのですが、むしろ味付けは王道というか多くの人が美味しいと感じる料理のように感じました。気負って食べる感じでもなく友達と訪れても安心して楽しめる料理で、素直にまた来たいなと思いましたね。ただ安いほうにしても結局のところ量は多かったです(笑)。

add_theme_support('post-thumbnails');