ガウディ建築「カサ・ミラ」を見学(バルセロナ旅行2018 その14)

カサ・ミラも見学は混みあうと聞いてたので、事前にネットから入場チケットを購入しました。一部の代理店のサイト経由だと公式ページよりも優先入場チケットがお得に買えました。残念ながらこのころから雨が本降りになってしまいいまひとつ気分が盛り上がらない中での見学となりました。
カサ・ミラは1984年にユネスコの世界遺産に指定されています。

DSC_8966
DSC_8967
DSC_8968
DSC_8969

こちらは集合住宅となっており、現在でも一部住民がいるそうです。ということで最初に最上階まで階段を登り、屋上などを見学した後、順路に従って解放されているエリアを回っていく感じになります。

DSC_8973
DSC_8974
DSC_8980

こちらはカサ・ミラの全体模型です。ガウディは設計図をあまり書かず模型を多用したそうですが、確かにこういう建物だと、今のように3Dで何でもできれば別ですが、平面図では難しかったでしょうね。

DSC_8983
DSC_8981

魚の骨のような筋組みで柱の少ない空間を実現しています。

DSC_8985

住居の家具も専用のものをガウディが設計しました。

DSC_8988
DSC_8989

以下は住居部分の再現部屋です。
これは子供部屋かな。

DSC_8992
DSC_8994
DSC_8996
DSC_8997

廊下部分。

DSC_8998

DKは普通に今でも住める雰囲気ですね。光が存分に入り料理をするのが楽しくなりそうなキッチンです。

DSC_9000
DSC_9001
DSC_9003

バスルーム。

DSC_9006
DSC_9007

書斎。

DSC_9012
DSC_9011

寝室。

DSC_9014
DSC_9004

窓から外や内部の吹き抜けを眺めたところ。

DSC_9017
DSC_9019
DSC_9020

リビング。

DSC_9023
DSC_9026

ヨーロッパは100年前の建物に住んでいるのは普通なので考えてみれば当然ですが、今でも普通に生活できそうな雰囲気でした。

add_theme_support('post-thumbnails');