夫婦で世界と日本を旅する生活

夫婦で世界と日本を旅するブログです。 エアラインはワンワールド・エメラルド、及びJALグローバルクラブ(JGC・JGP)を活用してJALやキャセイを中心に、ホテルは主にIHGスパイア・アンバサダーを活用して(インターコンチネンタル・ホリデイイン・インディゴ)系を利用します。

カテゴリ:クロアチア・イストラ半島

朝、部屋の窓から外を見ると下界が一面雲海に覆われていました。モトヴンはこの時期日中との気温差により雲海が見られることが多いそうです。 さっそく宿のテラスに出てみました。 雲海テラスと言うと星野リゾート・トマムのそれが有名ですが、ここもまさに「雲海 ...

モトヴンでの夕食は、人気のレストラン「MONDO」のメニューから白トリュフづくしで注文しました。トリュフ料理は黒トリュフと白トリュフのそれぞれで値段が書かれています。 3層すべてがレストランになっているのですが、この日もほぼ満員。白トリュフのシーズンとはい ...

夕食にはまだ時間があります。チェックイン後に街を散策することにしました。 宿のすぐ近くのレストラン。ここからの眺望も素晴らしいですね。 こちらのレストランの脇からさらに坂を上っていきます。 すると街唯一を言っても良いホテルが。 最上部の城 ...

モトヴンは丘の上にある小さな街です。イストラ半島にはこのように丘の上にある街がいくつかあります。街の中心部は住民以外のクルマは原則乗り入れ禁止となっており、麓の駐車場でゲートチェックがあります。 ここで街のホテルの宿泊者に限ってはさらに上の駐車場ま ...

港から今夜のレストランまでは歩いても数分。 もちろん海沿いにもレストランはたくさんあるのですが・・・。 検索して調べたレストランは実は宿のすぐ前だったのです。 お昼は暑いぐらいだったのですが夜になると少し肌寒くなってきます。 ...

引き続きロヴィニの街の散歩の様子です。歩いているうちに徐々に日が傾いてきました。 しばらく歩くと海沿いに出ました。そうすると目の前に夕日が。 そのまま海沿いを夕日を眺めながら歩きます。 多くの人が日が暮れるのを待って ...

ロヴィニはイタリア、特にヴェネチアの影響を強く受けているため街もどことなく北イタリアの港町の雰囲気を感じます。旧市街は外周をゆっくりと歩いても60~90分程度、ただその中に絵になる風景が凝縮されています。 早速街歩きを開始します。 宿の前の道。 ...

イストラ半島ロヴィニのホテル「ヴィラ・トゥットロット」の朝食はテラス席でとることができます。 朝食場所に行くと既に準備が整っていました。小さい規模のホテルですが内容も比較的充実しています。テーブルには主にハムやチーズ等のコールドミールが並んでいますが、 ...

イストラ半島ロヴィニのホテル「ヴィラ・トゥットロット」宿泊記、もう少し写真がありましたので内容を捕捉します。朝食編は次回にあらためて。 洗面スペースを拡大するとこんな感じ。 アメニティはSCHLOSSHOTELS(シュロスホテルズ)という古城や邸宅を利用し ...

クロアチア・イストラ半島での2泊目は港町ロヴィニにある16世紀のヴェネツィア様式の建物をホテルとして利用している「ヴィラ・トゥットロット」へ。 街の中心部から少し離れた公営駐車場にレンタカーを停めて徒歩で向かいました。詳しくは忘れましたが1泊で1500円ぐらい ...

↑このページのトップヘ