渚亭たろう庵 宿泊記その3 浴室(三陸縦貫ドライブ旅2016春 その13)

渚亭たろう庵の宿泊記、続いて洗面スペースや浴室をご紹介していきます。サニタリースペースは洗面室、内湯、そして客室露天風呂に分かれています。
洗面スペースのシンクはシングルでコンパクトにまとまっています。
IMG_5736
アメニティ類はかなり充実しています。
IMG_5704
標準のアメニティは資生堂のホテル向け商品である「ルモンドール」ですが、それとは別に「Kune(クーネ)」という化粧品も置かれています。Kuneは三陸の陸前高田と国内の他産地で栽培された椿、そしてネパールの材料を使ってつくられた植物由来成分中心の化粧品シリーズです。ちなみにクーネとはエスペラント語で「共に」の意味だそうです。
IMG_5712
IMG_5713
バスタブは国内と露天それぞれにあり、どちらも十分な大きさがあります。普通はどちらかのみが多いので両方というのは珍しいですね。
IMG_5705
IMG_5708
IMG_5706
IMG_5749
IMG_5709
露天の円形のバスタブはジェットバスになっています。露天のお湯はチェックインした時にはすでに沸かされていて夜の10時までは保温運転になっていました。
IMG_5784
トイレは独立しており、こちらにも小さい手洗いがあります。
IMG_5735
バルコニーに出る際はこちらのスリッパを使います。
IMG_5699
IMG_5710
バルコニーからも海が見えますが電柱が邪魔をしているのが残念です。
IMG_5720
別方向の窓からは田老の街が見渡せますが、こちらはまだ震災の爪痕がはっきりとわかりますね。
IMG_5696
IMG_5730
部屋も浴室も今の旅館に必要とされそうな要素を詰め込んだ感じです。
次回は夕食の様子をお伝えします。

add_theme_support('post-thumbnails');