アゼルバイジャン・バクー
CATEGORY

アゼルバイジャン・バクー

アゼルバイジャン ヘイダル・アリエフ国際空港 ABSHERON LOUNGE(ジョージア・アゼルバイジャン旅行2019 その18)

バクーのヘイダル・アリエフ国際空港に到着、最初は搭乗手続きがラウンジ内でできるというSALAM LOUNGEに行ったのですが、既に搭乗便の手続きが始まっている場合は通常通り航空会社のラウンジでおこなってほしいと言われ、アゼルバイジャン航空のチェックインカウンターへ。 手続き後、出国をして制限区域に。 制限区域内のラウンジはいくつかかたまって存在しています。今回はアゼルバイジャン航空利用ですが、残念 […]

ヒルトンバクー エグゼクティブラウンジのカクテルタイム(ジョージア・アゼルバイジャン旅行2019 その17)

ホテルに戻り日が徐々に傾いてきました。ラウンジのカクテルタイムの時間です。 エレベーターホールからはバクーの街が良く見えます。 ラウンジには既に料理が並んでいました。種類はそれほど多いわけではありません。 ドリンク類。イスラム系の国家ですがお酒は置いてあります。 当初はカクテルタイム後にお目当てのレストランで夕食をとろうと思ったのですが満員とのことで、それならば特に外には出かけないことにしました。 […]

【世界遺産】城壁都市バクー旧市街とシルヴァンシャー宮殿、そしてザハ ハディド建築(ジョージア・アゼルバイジャン旅行2019 その16)

海沿いの公園から繁華な通りを経てバクーの旧市街に入ります。雰囲気もガラッと変わりますね。 バクーの旧市街は12世紀ごろに今の主要な形ができたと言われていますがはっきりしたことはわかっていません。こちらの旧市街とシルヴァンシャー宮殿、乙女の塔はアゼルバイジャンで最初の世界遺産に指定されました。 旧市街のあちこちからもフレームタワーが見えるのですが新旧の対比が面白いですね。方向に寄っては3つではなく2 […]

バクー カスピ海沿いの公園を散歩(ジョージア・アゼルバイジャン旅行2019 その15)

ヒルトンバクーを出て、カスピ海のほうに向かうと目の前にショッピングセンターのような建物があり、周りは公園になっています。 ヨーロッパの街にでも来たような美しい公園です。確かに暑いのですが木陰で佇んでいると癒されます。 バクーは「風の街」という意味だそうで、確かに海沿いに出ると風が強かったですね。天気は良かったのですが。 公園内には複数のカフェがあり、こんなチェス盤もありました。 海沿いを離れて繁華 […]

ヒルトン バクー のエグゼクティブラウンジ(ジョージア・アゼルバイジャン旅行2019 その14)

エグゼクティブラウンジは宿泊している部屋からは数フロア下がった17階にあります。 カードを差し込んでラウンジに入るとまずこの風景が広がります。 この時間帯はティーやコーヒーと簡単なお菓子が用意されているぐらいです。 ラウンジは空いていました。ビジネスマンらしき人がパソコンをたたいているのと2人連れが一組いたぐらいでしょうか。 喉が渇いたのでお水を。 窓の外の風景。部屋からとは反対方向のカスピ海が見 […]

ヒルトン バクー カスピ海スイート宿泊記1 部屋(ジョージア・アゼルバイジャン旅行2019 その13)

ヒルトンバクーの部屋をみていきます。こちらの部屋はカスピ海やフレームタワーが見える方向で通常の部屋を2つつなげた位の面積となっています。おそらく80㎡くらいはあるでしょうか。 リビングルーム リビングには大きなソファセットがあり、座り心地も良好です。 このくらいの広さだと両側に引戸をつけて開放的にも使えるようにしたほうが良い気もしますね。 ミニバースペースにはエスプレッソマシンも置かれています。冷 […]

ヒルトン バクーにチェックイン(ジョージア・アゼルバイジャン旅行2019 その13)

アゼルバイジャン バクー国際空港はさすが石油で潤ってる国だけあってお金がかかっているつくりです。日本人についてはビザ自体は必要なものの到着時に機械に沿って入力をしていけば無料で発行されます。日本人とわかると近くの中国人は完全無視で2人がかりで機械の説明をして手続きを手伝ってくれました。ちなみにビザは必要な国で無料なのは日本だけのようです。 荷物のターンテーブルのエリアには到着ラウンジがあり、一部の […]

Buta航空 J2 9224便 トビリシ(TBS)>バクー(GYD)搭乗記(ジョージア・アゼルバイジャン旅行2019 その12)

Buta航空とは聞きなれない名前だと思いますが、アゼルバイジャン航空傘下のLCCエアになります。 サラリーマンの立場では仕事に穴を開けるわけにはいかず、安くとも運行が不安定なLCC(比較的定時運行する日本の短距離LCCは除く)には可能な限り乗らないようにしているのですが、隣国のトビリシへはアゼルバイジャン航空本体は週2回ほどしか運航しておらず直行便では他に選択肢がありません。また普段、長距離便につ […]

add_theme_support('post-thumbnails');