ANAインターコンチネンタル東京 ジュニアスイート ホテル宿泊記 [東京 溜池山王 2009年6月]

ANAインターコンチネンタル東京のジュニアスイートの部屋は細長いレイアウト。
284.jpg


かなり変形の部屋なのだが、その細長さを利用してコンパクトにうまくまとまった間取りとなっている。配置も良く考えられているし、この適度なタイトさは逆に案外居心地がよい。
インテリアデザインは改装でモダンになったが、少し軽すぎる感じもあり高級感はあまりない。ただ以前の古臭さと比較すれば格段に良くなった。
281.jpg
282.jpg
283.jpg
バスルームはガラスで仕切られているが洗い場のある和式バスとなっており使いやすい。また小型のテレビも設置されている。トイレはせまいながらもセパレート。
285.jpg
286.jpg
299.jpg
300.jpg
アメニティーは一般ルームのホテルオリジナルブランドではなく、REN(今は変わったようだ・・・)が置かれているのはグッド。私は使わないが男性用化粧品のセットもあった。
287.jpg
303.jpg
288.jpg
バスローブ、ナイトウェア、スリッパなどは一通りそろっており、無料のミネラルウォーターも常備。ミニバーの品ぞろえは一般的なもの。
289.jpg
290.jpg
291.jpg
292.jpg
306.jpg
ターンダウンもリクエストベースでおこなわれる。
322.jpg
323.jpg
324.jpg
なかなかに使いやすい部屋。

add_theme_support('post-thumbnails');