英国のデザインアワードで大賞を受賞した十勝千年の森のガーデンをめぐる(十勝帯広 グルメとガーデン街道の旅 その7 2014年8月)

十勝千年の森は北海道ガーデン街道のうちのひとつで、帯広から新得方面にクルマで45分ぐらい走った十勝清水にあります。
IMG_0225
広大な敷地に広がる施設ですが、そのうち英国のガーデンデザイナー、ダン・ピアソン [ Dan Pearson ] 氏が設計したメロウガーデンや、アースガーデンは英国のTHE SOCIETY OF GARDEN DESIGNER AWARD 2012 の最優秀賞を受賞しています。ちなみにダン・ピアソン氏は六本木ヒルズのけやき坂コンプレックス 屋上庭園も設計しています。
入口から入るとまずは「エントランス フォレスト」エリア。いかにも北海道らしい風景の森を通ります。
IMG_0223
IMG_0168
IMG_0170
森を通ると広場のようなところへ。ここは馬の放牧場になっています。
IMG_0171
そして次に広がるのがアースガーデン。もともとな平坦な土地に波打つ小さな丘を重ねていくことで、見る方向に寄って風景に変化がついています。もちろん丘の高さや傾きなどは綿密に計算されています。
IMG_0194
IMG_0187
IMG_0172
IMG_0175
IMG_0179
木陰の昼寝も気持ち良さそう。。
IMG_0184
奥に見えるのはオブジェのカムイのサークル「キサラのかけら」。
IMG_0183
園内を流れる小川を渡って次のエリアであるメドウガーデンへ。
IMG_0190
IMG_0195
IMG_0196
デザイナーが十勝の風景からインスピレーションを得て、草花の美しさや草原と森の織りなす風景を楽しんでもらいたいということでつくられたエリアです。
IMG_0205
IMG_0202
IMG_0201
この時期は花が比較的少ない時期だったのですが、それでもガーデンの美しさに癒されるひとときでした。
IMG_0199
IMG_0198
IMG_0207
最後にローズガーデン。十勝千年の森のHPによるとダン・ピアソン氏監修のもと、イングリッシュ・ローズの生みの親、デビッド・オースチン・ロージズ社(英)のロザリアン、マイケル・マリオット氏とのコラボレーションによるバラの庭とあります。バラの品種はオーガニック栽培に適した丈夫な品種が選ばれているようです。
IMG_0209
IMG_0210
IMG_0211
IMG_0214
IMG_0216
建物の脇にもフラワーがいっぱいです。
IMG_0222
IMG_0221
IMG_0220
時間の関係もあり少し駆け足気味に回ってしまったのですが、花の最盛期にもう一度ゆっくり訪れてみたい場所になりました。

add_theme_support('post-thumbnails');