小樽 青塚食堂で時価の生バフンウニ丼(赤ウニ丼)を

GW前の投稿で昨年夏に小樽に来た時のことを話しましたが、今回はその続きです。おたる水族館方面のバスに乗って目指したのは民宿併設の青塚食堂。ここで積丹のウニが食べられます。
IMG_6689
本当は積丹まで行けると良いのですが残念ながら別の用事のついでに寄っただけなのでそこまでは時間はありません。お店が開いたばかりの時間なのでまだ空いていましたがほどなく満員になりました。
IMG_6650
メニューを見るとウニ丼は時価。。
IMG_6651
値段を聞いてみると(詳細の値段は忘れたのですが・・・)ムラサキウニが3000円台後半、バフンウニは何と5000円ぐらいでした。ちなみに獲れた量と需要&供給の関係で価格は変動するので週末は一般的に高くなります。この時も数日前の平日はバフンウニでも4000円台半ばだったと記憶しています。ちょっと勇気のいる価格ですが久しぶりにあの積丹のバフンウニ丼を食べたいという欲望のほうが勝ってしまい注文。こちらのウニは基本6月~8月がシーズンです。
やってきたのがこちら。
IMG_6654
やはり注文して良かった。。。しばらくウニは食べなくても良いと思うほどのボリューム。ウニ丼と言ってもウニは写真のように別盛りで出てきます。
IMG_6655
IMG_6658
バフンウニとムラサキウニ、どちらが美味しいと思うかは本当のところは好みの問題と思いますがバフンウニのほうが今ははるかに希少になっています。濃厚な感じはバフンウニならではですね。
ついでにニシンの塩焼きも。大きさがわかるようソニーのZ5を横置きに。
IMG_6676
IMG_6679
腹を開けるとこんな感じ。
IMG_6681
おばちゃんがおまけでホタテ焼きも持ってきてくれました。
IMG_6667
IMG_6668
いやー、贅沢なランチでした。
食後は近くの鰊御殿を見学。こちらは西積丹にあったニシン番屋を移築して展示したものです。
IMG_6729
IMG_6727
IMG_6707
IMG_6700
IMG_6717
IMG_6723
次回は別の時期に訪れた札幌市内のうに丼のお店をご紹介します。

add_theme_support('post-thumbnails');