アマン東京のブラックアフタヌーンティー(The lounge by AMAN)[2015年11月]

先日アマン東京の「ザ・ラウンジ バイ アマン」にてブラックアフタヌーンティーを楽しんできました。予約は3カ月待ちになっており、正直なところ予約をしたのも忘れてしまうような状態でした(笑)。
アマン東京は大手町タワーの33階にあります。私の住んでいる最寄り駅の神楽坂からだと東西線で大手町まで9分、出口を出たところがすぐ大手町タワーですから家からドア・トゥー・ドアで30分かかりません。
IMG_1170
地下の入り口からビルに入り、OOTEMORIを通ってホテル入口のエレベーターホールへ。
IMG_1172
IMG_1176
一気に33階まで上がるとロビーエリアに到着です。
IMG_1235
まずは早速「ザ・ラウンジ バイ アマン」へ。ブラックアフタヌーンティーと銘打っているだけあってテーブルセッティングも黒づくめです。
IMG_1194
IMG_1190
ブラックアフタヌーンティーの価格は税金とサービス料13%が別で4600円と意外とお手頃に感じます。いずれもっと高くなるのでしょうね。他にノンアルコールカクテル付きだと5800円に、グラスシャンパーニュ付きだと6800円になります。シャンパーニュはルイナールのブラン・ド・ブランですから真っ当な値段だと思います。
IMG_1250
紅茶の種類が豊富でもちろんポットサービス、途中で種類も変えることが出来ます。ちなみにアイスは限られた種類だけになります。紅茶はドイツのロンネフェルトですが、日本茶については日本のものです。実は一番美味しく感じたのは(私がロンネフェルトが好みとはちょっと違うという個人的な理由が大きいですが・・・)日本茶だったりしました(笑)。
IMG_1252
IMG_1253
通常は2時間半の時間制限があるためかセットはあまり待たずに運ばれてきます。本当にブラック基調のアフタヌーンティーなんですね。いろんなホテルでアフタヌーンティーは食べていますが、こういう感じは初めてです。
IMG_1207
ちなみにすでに2回転目にさしかかっていたのでこの時は2時間半を過ぎても席を立つよう促されることはありませんでした。
アフタヌーンティーの内容は以下の通り
(1段目)
秋野菜カポナータのプチタルト
パテ・ド・カンパーニュ
竹炭ブレッドを使った本日のフィンガーサンドイッチ
赤パプリカのマリネとアンチョビフィレのクロスティーニ オリーブペースト
秋鮭と法蓮草のフリッター
IMG_1213
IMG_1217
(2段目/3段目)
ダイアモンドの器に入ったケシの実を纏った青林檎のパートドフュイ
フレッシュブルーベリーを入れたチョコレートバッグ
レモンとプラリネのマカロン
熊本県産栗のプチモンブラン
山形県産洋梨のプチシュー
愛知県産無花果のマルジョレーヌ
ブラジル産カカオ62%チョコレートとライムキャラメルのハイヒール型ボンボンショコラ
柿のマフィン
IMG_1246
IMG_1244
IMG_1247
IMG_1249
IMG_1219
IMG_1220
別容器にて
長野県産巨峰とシャンパンジュレ チョコレートハット
IMG_1201
更に籠に入って
プレーンと大納言を飾ったヨモギの2種スコーン
クロテッドクリームと自家製ジャム2種
IMG_1197
IMG_1202
とても凝った内容のアフタヌーンティーでした。ものすごく美味しいかというと味の比較でいえばもっと美味しいところはあると思うのですが、料理のキラキラ度と館内の雰囲気はやはり素晴らしいものがありました。
今回サービスについてはアマンとは思えないような低レベルな対応もあったのですが、リカバリーはしていただいたので不満はありません。
アフタヌーンティーを食べ終わるころには既に日が暮れようとしていました。
IMG_1258
IMG_1262
IMG_1259
IMG_1267
そろそろラウンジを出ることにしましょう。
IMG_1260
次回はロビーの様子をご紹介してアマン東京編を終わりにしたいと思います。

add_theme_support('post-thumbnails');