ANAクラウンプラザホテル成田 デラックスコーナールーム宿泊記(3連休で釜山B級グルメ旅行2018)

釜山に行く際に成田のANAクラウンプラザに前泊しました。仕事の後にいったん神楽坂の自宅に戻り、東西線で大手町に。そして東京駅から1000円バスで成田のホテルまで。こちらのホテルが1泊1万円ちょっとで出ているときはこのパターンで利用することが多いです。今回は直前の予約で特にセールとかではなくIHG ANAのサイト経由でSFCプラン税・サービス料込で1室2名14000円程度だったかと記憶しています(1名だともう少し安くなります)。
IMG_20180106_070840_optimized
こちらではIHGのSPIRE ELITEを持っているとたいていはアップグレードしてくれることが多いです。また、IHG ANAのサイトからSFC(スーパーフライヤーズカード)プランで予約するとIHGの特典とは別に朝食とウェルカムドリンク券もつきます。同じANAクラウンプラザでもホテルによって運用が違いますがこちらでは2人ともSFCだと2人分の朝食とドリンク券をいつもいただいています。
今回はデラックスコーナールームにアップグレードしていただけました。このタイプになると部屋の広さにはかなりのゆとりがあります。いつも何かしらアップグレードいただき感謝しています。
IMG_20180105_225213_optimized
IMG_20180105_225229_optimized
IMG_4052
インテリアは最近のANAクラウンプラザ共通の雰囲気です。質感がすごく高いわけではないですが、宿泊費用とのバランスは悪くはないと思っています。
IMG_4058
IMG_4055
デスクは鏡台を兼ねており、ANAクラウンプラザ共通のスリープアドバンテージ、そしてIHG会員向けのミネラルウォーターがあります。
IMG_4057
IMG_4080
浴室は今の時代からするとちょっと時代遅れという感じです。成田のホテルはどこも古く、かといってリノベに力を入れるほど高価格で販売できるわけでもないので致し方ないところです。アメニティもグループ共通のもの。
IMG_4059
IMG_4061
IMG_4107
次回はバーや朝食の様子をお伝えします。

add_theme_support('post-thumbnails');