ANAクラウンプラザホテル稚内 スイートルーム宿泊記2(礼文島旅行2018年6月)

ANAクラウンプラザホテル稚内のスイートルーム宿泊記、続いてはベッドルームとバスルームのご紹介です。ベッドルームのエリアはコンパクトにまとまっています。一方でリビングルームもそうですが、思いのほか天井が高めなので圧迫感がありません。天井高についてはこのフロアだけがそうなのか、全体的にそうなのかは不明ですが。

IMG_5328
IMG_5329

ベッドボード、ベッドサイド周辺はオーソドックスなデザインで、今となっては見た目古く感じてしまいますが、傷などはなくきれいです。普段はそれほど使われないお部屋なのかもですね。この日は団体も複数入っており全館ほぼ満室のようでした。

IMG_5333

ベッドルームにあるソファのコーヒーテーブルにはIHG ANAオリジナルのスリープアドバンテージグッズが並んでいます。このシリーズのお茶は結構好きです。

IMG_5334

チェストの引き出しにはナイトウェアが収納されており、下段には金庫もありました。

IMG_5335

洗面カウンターはシンプルなデザイン、このあたりの色味の雰囲気は昔のお台場の日航ホテルを何となく思い出しました。

IMG_5346

そしてANAクラウンプラザ(というか元全日空ホテル)によくある何故かトイレとセットになった謎のバスルーム。バスタブ自体は十分な広さがあります。洗い場付きのバスルームにできる十分な広さがあるにもかかわらずもったいない配置です。

IMG_5349

バスアメニティはボトル入りのものの他に、クラウンプラザ系標準のものが用意されています。

IMG_5404

トイレはもう1か所、リビング側にあり、こちらは洗面スペース付きです。

IMG_5340

次回は稚内半日ドライブの訪問先を順次ご紹介していきます。

add_theme_support('post-thumbnails');