レッツリラックス温泉&スパでくつろぎのひととき(年末バンコク旅行2018 その5)

レッツリラックス温泉(Let’s Relax ONSEN&Spa Thonglor)はトンロー通り沿いにあるグランドセンターポイントホテルの5階にあります。レッツリラックスはタイのマッサージチェーンで、こちらのトンロー店のみ入浴施設がついた異色の店舗となっています。
館内は日本の大型高級温泉ホテルと日帰り入浴施設が合わさったような雰囲気ですから結構高級感があります。そのため入浴料も650B(約2500円)と日本並みの水準ですが、雰囲気を考えると安いとも言えます。ただ過度に混雑すると意味がないので夜の時間帯は避けるべきだと思います。館内にいると日本のように感じるのは施設の設計者が日本人だからでしょう。

DSC_0557

温泉とマッサージがセットになったコースは人気なので、もし両方というのであれば事前予約したほうが無難です。私は当日オープン間もない10:30頃に申し込もうとしたら今日はもう受けられないと言われました。
例えばONSENにプラスして1時間のアロママッサージをつけると1700B(約6000円)です。
先に入場料の清算を済ませICリストバンドを渡された後に。日本旅館のように下足番の方に靴を預けます。更衣室のほうに進んでいくと途中にカウンターがあり、タオルとサイズ別になった室内着を渡されました。
ロッカー室もICチップで鍵がかかるようになっており安心です。
浴室内や脱衣室内はもちろん撮影禁止ですので浴室内のみ公式ウェブサイトから写真を引用させていただきます。サウナ(スチームサウナ含む)や気泡風呂、ジェット水流のバス、シルクの湯、下呂温泉の成分を入れた浴槽などバラエティに富んでいます。

キャプチャONSEN001

湯上がりには休憩コーナーへ。あまりこのスペースが知られていないのかほぼ貸し切り状態でした。あと室内着を着たまま入る岩盤浴もあります(入場料に料金は含まれています)。

DSC_0559
DSC_0562

ロビーにはカフェや軽食を楽しめるコーナーがあり和定食も確か200Bぐらいで注文できたと思います。この時にはエナジージュースをいただきました。

DSC_0570
DSC_0564
DSC_0566

館内でも使用されているスパ用品は販売もしています。シャンプーやコンディショナーも数種類ありますが浴室内で使用されていたのはジャスミンの香りでした。

DSC_0571

混んでいる時間帯に遭遇しなければかなり快適なバスタイムが過ごせます。軽食もとれますのでお昼を挟んで長時間滞在するのもおすすめです。時間制限はありませんので気にせずゆっくりできます。

add_theme_support('post-thumbnails');