【2019年8月】ANAインターコンチネンタル東京 クラブインターコンチネンタルコーナースイート「風」宿泊記

昔の宿泊記ばかりで恐縮ですが今回は2019年夏に宿泊したANAインターコンチネンタル東京の宿泊記です。インターコンチネンタルアンバサダーのウィークエンド週末無料券を利用してクラブインターコンチネンタルルームを2泊で予約しましたが、直前にIHGのアプリで確認したところクラブインターコンチネンタルスイート「風」までアップグレードされていました。通常はジュニアスイートまでのことが多いのでラッキーでした。

ホテルへは自家用車で。チェックイン手続きはエレベーターを上がって35階のクラブインターコンチネンタルラウンジでおこないます。

ちょうどアフタヌーンティータイムだったことからラウンジで楽しんでいくことにしました。

アフタヌーンティーはセットメニューで提供されます。暑い日だったのでティーはアイスで。

クオリティーとしてはすごく高いというわけではないのですが、クラブラウンジでこの時間帯に提供されるものとしては十分だと感じます。何泊もすると飽きてくるので例えばサンドイッチだけとか品数を減らして持ってきてもらうことも多いです。一応初日はフルで。

そして客室です。ANAインターコンチネンタル東京のクラブインターコンチネンタルフロアには、スタンダードなクラブインターコンチネンタルルーム、「花鳥風月」にちなんだ4タイプのスイートルームとプレジデンシャルルームから構成されます。

クラブインターコンチネンタルの利用特典はWEBサイトの記述をそのまま転載すると以下の通りです。

  • 極め細やかでパーソナルなお出迎えとお見送り
  • 厳選素材を専用キッチンで調理するピエール・ガニェール氏監修の朝食メニュー、種類豊富な和朝食、ヘルシー朝食など、出来立てをテーブルにご用意するクラブラウンジ専用朝食メニュー
    ※当面の間、ピエール・ ガニェール氏監修の朝食メニューのご提供を中止することとなりま した。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
  • 季節ごとの厳選素材を用いたアフタヌーンティーサービス
  • ミクソロジストがご用意するカクテルや各種アルコールドリンクをシェフ特製タパスメニューとともに
  • 営業時間中のお飲み物サービス:コーヒー、紅茶、ソフトドリンク
  • クラブインターコンチネンタルコンシェルジュによるパーソナルサービス
  • プライベートミーティングルーム(10席 / 2時間まで無料):テレビ会議や電話会議にも対応
  • シャワー設備
  • 市内通話無料 (市外局番03のみ)
  • 朝食オプション:ルームサービス、テイクアウト朝食サービス、「カスケイドカフェ」のブッフェ朝食
  • 「トーキョーバイク」自転車無料レンタル
  • レギュラープレスサービス 1滞在につき初回2点まで無料
  • 靴磨き無料 (滞在中1回、土日祝日は除く)
  • ホテルレストラン優先予約
  • THANNサンクチュアリーSPA赤坂 優待サービス
  • ガーデンプールの入場無料 (夏季のみ)

それではこの時に宿泊したクラブインターコンチネンタルコーナースイート「風」のお部屋を紹介していきます。

室内に入りまず最初にリビングスペースが。スイートと言っても65㎡ですからそれぞれの部屋はそれほど広いわけではありません。改装されてからそれほど日が経っていないので室内はきれいです。

ソファはすごく高級というほどではないですが座り心地もしっかりとしたもの。

デザイン重視なのでしょうがこんなデッドスペースがあるのであれば仕事ができるようなデスクを置いても良い気がします。

ベッドルームはコンパクトにまとまっています。上品なインテリアで個人的には嫌いではありません。最近のインターコンチネンタルの傾向にも何となく沿っている感じですね。

ベッドルーム内にもクロゼットがあります。

クロゼット内の引き出しにはナイトウェアと外国人にウケそうなデザインの浴衣があります。

それとは別にバスローブも。どれかひとつは無くてもいいような気がしますね(笑)。

ベッドルームとリビングルームの仕切り壁にあるテレビ。

カーテンの開閉は電動でおこないます。USBケーブルの差込口やマルチタイプのコンセントも。エアコンの温度調整も改装前とは違いデジタル表示のものに変わりました。

続いてバスルームです。シンクはダブルにするには少し狭いと思たのかシングルになっています。

ドライヤーは引き出しに。アメニティーはインターコンチネンタル標準のものが多いですがヘアケア、ボディケア関連はロクシタンのホテルラインのシリーズになっています。このシリーズ、ベルガモットのほうが私は好きですね。

バスは洗い場のあるタイプで使いやすいです。バスタブはもう少し深くても良かった気がします。このくらいのほうが安全ではありますけどね。写真には映っていないですがハンドシャワーの他にレインシャワーもあります。

トイレが独立型なのはうれしいですね。

クロゼットは入り口脇にもウォークインタイプの大きなものがあります。

リビング側から入り口を見たところ。

扉を開けるとこんな感じです。

引き出しの中。グラス類も良いものが揃っています。

ネスプレッソのカプセルは割と普通なものだけです。

冷蔵庫は最近はやりの透明扉のタイプ。いちいち開けずに中を確認できるのが良いですね。スイートということもあってか種類も充実しています。

窓からは当時オープン間近だったホテルオークラが見えました。

ANAインターコンチネンタル東京はナイトプールが人気ですよね。まああまりノリ的に縁がない世界ですがw

手前のビルで少し隠れますが東京タワーも見えます。

ラウンジのカクテルタイムと朝食は別途ご紹介します。

add_theme_support('post-thumbnails');