【2019年8月】ANAインターコンチネンタル東京 クラブインターコンチネンタルラウンジのカクテルタイム

カクテルタイムになりましたのでクラブインターコンチネンタルラウンジに向かいます。もう何度もご紹介しているラウンジではありますが、時々何らかの変更が入っていますので今回もいつも通りご紹介します。

ちなみに2018年に訪れた時のラウンジの様子はこちらを。

シャンパーニュはMUMMです。ナイトプールで提供されているのがこちらのシャンパーニュのためラウンジもこれになったのでしょう。以前はルイ・ロデレールの時代が随分長かったのですが。個人的にはこのシャンパーニュはそんなに好みではなかったのですが久しぶりに飲むと以前と少し味が変わったのか意外と美味しく飲めました。

アペリティフはハム・チーズ・サラダ以外は小皿に盛ったスタイルで提供される料理が多いです。あまりビュッフェ台が荒れないですし、このほうが良いですね。

お酒もいろいろと揃っており基本的なカクテルも作ってもらえます。ワインは山梨・勝沼酒造のアルガブランカもありました。スパークリングは白はシャンパーニュなのですがロゼになると何故かシャンドンになってしまいます。

まずはハムやチーズ、野菜スティック等をとってシャンパーニュと楽しみます。

ビュッフェメニューの他に本日のメニューとしてこれまた3種の小皿にのった料理を注文できます。こちらはホットミールとコールドミールがあって、もちろん希望すればそれぞれお替りもできます。

何だかシャンパーニュがなみなみと注がれてしまいました(笑)。翌日も滞在するしそんなに飲むつもりはなかったのですが。

デザート類。

こちらは翌日のカクテルタイムの様子です。シャンパーニュばかりでも面白くないのでカクテルを注文してみました。夏らしくモヒートで。

本日の3種セットも前日とは内容が変わっています。

ビュッフェ台の内容も少し変わっていますね。

カクテルタイムを楽しんだ後に部屋に戻ると窓から東京タワーがきれいに見えました。

朝食やその他のご紹介は次回に。

add_theme_support('post-thumbnails');