ザ・キャピトルホテル東急 宿泊記4 ルームサービスのパーコー麺とインドネシア風フライドライス

ラグジュアリーカード経由で予約したザ・キャピトルホテル東急の4ランクアップグレードプラン、レイトチェックアウトも付いてきたのでランチはルームサービスでとることにしました。

古くからキャピトル東急(建て替え前)を知っている方なら「オリガミ」の定番メニューはお馴染みですよね。もちろんルームサービスメニューにもリストオンされています。特に排骨拉麺(パーコーメン)は東京ヒルトンホテル時代からのメニューですし(さすがに東京ヒルトン時代は利用したことはありませんが・・・)懐かしいです。

今回宿泊してあらためて思ったのですが私はこのホテルは建て替え前のあの雰囲気のほうがより好きですね。でも一方では皇居前のパレスホテル東京は(一部のバルコニー付きデラックスの部屋は魅力的でしたが)全般的には建て替え後の今のほうが断然好きですから、単に新しい・古いではなくどういう空気感を出せるかですよね。

オリガミも以前はホテルの正統派コーヒーショップという感じでしたが今はありがちなダイニングラウンジのようになっています。オークラの「カメリア」も以前のほうが良かったですねえ。ありがちなダイニングを作るだけだと外資系のより洗練されたホテルデザインにかないません。

こちらがルームサービスのメニューです。すごく充実しているんですよね。最近宿泊していませんが大阪のリーガロイヤルホテル(本店)の次くらいに魅力的に感じます。

そういうわけで前置きが長かったですが、昔を懐かしんでパーコー麺とインドネシア風フライドライスを注文しました。

なかなかに美しい盛り付けでやってきました。パーコー麺は何故かルームサービスの見本よりきれいな気もします。

味のほうはどうかって?それはもちろん美味しかったですよ。最後に懐かしい気分になってチェックアウトしました。

add_theme_support('post-thumbnails');