神楽坂 ワールド・ワインバー by ピーロート

World Wine Bar by Pierothはドイツのピーロート社の日本法人が経営するワインバーで、羽田空港や関西空港にも店舗がありますのでご存知の方も多いかもですね。空港のそれはメニューも空間もカジュアルですが神楽坂店はより高級側にふっており、料理もかなり本格的なものが楽しめます。
DSC_0835
DSC_0814
ワインリストを眺めますとまず試飲会かと思うようなグラスワインの豊富さに感心します。ピーロートは自宅や会社へワインを持ち込んで試飲してもらうことで規模を拡大してきた会社ですからこのあたりはお手のものなのでしょう。価格帯はそれなりのものばかりですが、内容を考えると高くはないですね。
DSC_0811
DSC_0812
ちなみにラグジュアリーカードの特典を利用すると、こちらのグラスワインリストからどの銘柄でも本人と同行者1名までそれぞれ1杯無料となります。
ということでチョイスしたのは「テタンジェ・レ・フォリ・ドゥ・ラ・マルケットリー」、こちらのシャンパーニュは「レ・フォリ」というテタンジェ自社所有の単一畑で作っているもので2005年初リリースです。市価で12000円程度ですからグラスで2300円というのは良心的な値付けだと思います。要は飲食店での価格ではなく店舗販売価格をグラス割りして+数百円というところですね。
DSC_0817
味のほうはシャンパーニュらしい泡立ちとともにプレステージシャンパーニュ的な深みも感じることができ、シャンパーニュ好きな人なら素直に美味しいと思えるものです。
もうひとつテタンジェのサッカー ロシアW杯ボトルも見せていただきました。サッカー好きでワイン好きの人とかいたらプレゼントしたいですね。こちらは8000円ぐらいだったかと。
DSC_0820
DSC_0823
ピーロートですから販売への期待もおそらく込めて詳しくワインの説明をしていただけるのですが、それを「営業」と見るか「ワインの知識を深めるためのもの」と考えるかで満足度は変わりますね。もちろんしつこくされることはありませんので、こういう機会を利用してプラスの体験をしていくのが個人的には良いと思いますし、そういう中で気に入ったワインがあれば購入もしたいです(でもセラーが既に結構いっぱいなので当分がまん・・・)。
料理はこの時期はヨーロッパ直送の白アスパラが旬なのでそちらを。ここ料理もしっかりしていますね。
DSC_0827
メインは肉料理を。こちらに合わせて別途赤ワインを注文しました。
DSC_0832
平日会社帰りに自宅近くにこういう感じで楽しめるのはうれしいです。

add_theme_support('post-thumbnails');