たれ焼肉のんき 神楽坂店

神楽坂で焼肉と考えた時に候補のお店がないわけではないのですが、絶対おすすめの鉄板店というのは案外ありません。
最近、神楽坂の「石かわ」のすぐそばに「たれ焼肉 のんき」というお店がオープンしたので行って来ました。

DSC_9857-600x450

色々調べてみるとこちらは「もつ焼き のんき」をチェーン展開しているグループのお店らしく、チェーンの中には吉祥寺の肉の総本山『肉山』とコラボした「赤身とホルモン焼 のんき」や「肉山札幌」等もあるようです。ということはこちらも肉山から仕入れやプロデュース等を受けているのかもしれませんね(想像です)。
たれ焼肉は「赤」と「白」に別れていて、何名でもいったんは400グラムの注文が必要です。赤が200グラムで2400円、白が200グラムで1600円となっており、赤白ミックスでもどちらかだけでもOKです。白=ホルモン系なのでホルモンが苦手な人がいる場合、最低4800円の注文が必要となります。

DSCPDC_0003_BURST20181206192516143_COVER-600x450
_20181209_140643-600x450

この時は赤白と、別にタン塩を食べました。ご飯は二合から釜で炊かれてきますが1000円もするので注文しませんでした。

DSC_9866-450x600

タン塩は悪くはないです。赤身のタレは、昔大阪に住んでいたときの近所の焼肉屋さんを思い出すような味で悪くは名井のですが肉質という意味では割高感を持ちました。白のほうも同様ですね。

DSC_9871-600x450
DSC_9878-600x450
DSC_9874-600x450
DSC_9868-600x450

印象としてはノスタルジックな感じを味わうには良いですが、先日神戸で食べた一枚ずつから注文できる焼肉屋さんで質の高い肉を食べたばかりだったので、どうしても比較してしまい、正直なところ再訪までは至らない気持ちになりました。手頃に美味しい焼肉屋さんがレパートリーに加わると良いと思ったのですが…。

add_theme_support('post-thumbnails');