キンプトン新宿東京 宿泊記4「ザ・ジョーンズ カフェ&バー」の夜と朝、「ディストリクト」の朝食

開業間もないタイミングのキンプトン新宿東京、宿泊記ブログも今回が最後です。前回は「ディストリクト」で夕食をとったところまででした。食後のコーヒーを飲もうとそのまま1階に降りて「ザ・ジョーンズ カフェ&バー」へ。

カフェには宿泊客と思われるカップルのゲストが一組だけ。最初はテイクアウトして部屋で飲もうと思っていたのですが、これだけ空いているならカフェで飲んでいきましょうかね。

このタイミングまで気づかなかったのですがTOKYOの中に「Oh」が入っているのですね。そういえばディストリクトも特別区=東京そして新宿が特別な場所、そして東京の新宿の中のここはエキサイティングな場所ということでしょうか。

こちらではNYで2009年に誕生した「Birch Coffee(バーチコーヒー)」のコーヒーがいただけると。でもそもそも日本のコーヒーショップの水準はとってもハイレベルですからこういうのってどちらかというとイメージを飲む感じかなと。

ついでに言うと加えて日本は食の水準が高い上にとにかく世界水準と比較して安いですよね。これは嬉しい反面、その分人件費が安いとも言えるわけで安い安いと喜んでいいのか最近は複雑な気分です。キンプトン新宿東京のレストランは価格がかなり高いなあと正直に言うと感じたのですが(ここのコーヒーショップはそうでもないですが・・・バンコクのおしゃれな店はもっと高いですし)、そうではなく逆に円が弱くなったのだと思いなおしました。従業員も半分くらい外国人なわけですし。

出てきたラテは・・・まだまだ勉強中というところでしょうか。

当然豆のレベルは全然違いますが近くのドトールコーヒーの凄く丁寧に作ってくれるおねえさんの200円台のラテのほうが美味しく感じるのが日本の怖いところです。

こちらのホテルはマルチタスクということですので例えばベルの人が時間帯によってはコーヒーを入れたりもするのでしょうか。「星のや」もマルチタスクですよね。私は高級ホテルのマルチタスクはどちらかというと反対なんです。専門性が高いからこそ高級だと思っていて、するにしてもメインとサブタスクぐらいにしてほしいなと。オペレーションのマネジメントをやっていた時期もあるのでわかるのですがマルチタスクが得意な人ってそんなにいないですし。

翌朝は「モーニングキックスタート」というサービスがあり、カフェラテやほうじ茶ラテ等のドリンクに加えてオートミールも無料で楽しめるとチェックインの時にスタッフの方に教えられたので行ってみたのですが、ラテはあったもののオートミール等は見当たらず、これは何だろうと手に取ったら「ワンちゃん用の餌です」と言われました(笑)。オープン間もないのでまあ「あるある」だし別にいいのですが、人によっては怒ると思うのでこういう情報の間違いはなくした方がよいかと。他もいくつかこの手の話はありました。今回は朝食付きのプランなので別に来なくても良かったのですがやはりブログのネタにもなるかと思い訪れたのですが。

カフェに並んでいるこのパンや焼菓子、惣菜たちがとても美味しそうで食べたかったのですが、朝食があるのでがまん・・・。

朝のほうがラテは美味しかったですね。

朝食は昨晩と同様に「ディストリクト」にて。

今回はANA IHG経由の朝食付きプランでしたので、セットの中からのチョイスとなります。セットはパンやドリンクの他にメインとサブをそれぞれチョイスする形になっています。朝昼兼用のメニューとなっていますので「ブランチ」という位置づけです。選択肢は結構豊富なのですが同じ材料をいくつかのメニューで使い分けているので実は選べるものは限られていて、最初食べたいものを選んだら両方に卵やアボカドが入ってしまったので、あわてて最初から選び直しました。

一皿目はフルーツプレート。シャインマスカットや無花果、好きな果物ばかりで幸せです。

エッグベネディクトはサーモンにウニのソースをかけて。

妻はガレットにしました。チーズがたっぷりかかっていてボリュームがあります。

先ほどカフェでコーヒーを飲んだのでこちらではアイスティーを。サトウキビストローを使っています。

追加料金を払ってビーフステーキもチョイスすることができます。

オープン間もないタイミングにしては大きな混乱もなく快適に過ごせたキンプトン新宿東京、サービス面に課題もいくつか感じました(オープンしたばかりなので当然です)が、また宿泊したいなと思えるホテルでした。

ひとつ気になるのは経営がツカダ・グローバルホールディングということでしょうか。一時期、赤字にあえいでいたインターコンチネンタル東京ベイはツカダ傘下になりウェディング事業のノウハウで見事に再生されましたが、一方ではインターコンチネンタルらしくないホテルになった気もします。キンプトン新宿東京はあくまでもキンプトンらしいホテルであってほしいと願っています。

add_theme_support('post-thumbnails');