【羽田空港送迎 2980円】nearMe スマートシャトルを利用してみた(ライドシェアサービス)

羽田空港から夫婦で旅行に行く際、荷物が多いときや通勤ラッシュ時間帯にあたる時はUberの羽田空港定額サービス(新宿区からは8100円)を利用することがあるのですが、短期出張など一人の時にはさすがにその金額を払うのは抵抗があります。

そんな折に「nearMe」という会社の空港送迎のシェアサービスができているのを知り、ものは試しと出張の帰りに利用してみることにしました。nearMeはもともと様々なサービスのシェアを目指していく会社でその一環として現在はタクシーのシェアライドサービスを提供しています。

ちなみに日本ではタクシーの相乗りは法律で禁止されています(2019年から実証実験として一部解禁)。これはタクシーは「1個の契約により国土交通省令で定める乗車定員(11人)未満の 自動車を貸し切って旅客を運送する事業」と決められているため、シェアつまり同時に2つ以上の契約をタクシーが結んで乗せることができないからです。但し乗車前に複数人が同グループを形成して代表者が代金を払うことは(タクシーとの契約は1個であり)問題がないため(友人と一緒にタクシーに乗る場合もそうですね)、nearMeではアプリを介して同じ方向の利用者を事前マッチングし、先に降りる人は最後の人にアプリ決済を通じて料金を払い、最後の人はタクシーに料金を払うという仕組みになっていることで法的な問題をクリアしています。

さて、事前説明が長くなりました。今回はそのタクシーシェアではなく、事前予約の空港送迎スマートシャトルサービスを利用しました。こちらは同エリア内は定額制をとっており、例えば新宿区からは2980円(税込)で利用できます。こちらはおそらくハイヤー会社とnearMeで1個の契約となるんでしょうね。

nearMe 空港送迎 スマートシャトルサービス

羽田空港の2980円も十分にお得ですが個人的には成田空港の4980円にはより価値がある(新宿区から)と感じました。

空港送迎の予約は利用日の2日前までとなっていますのでUberのように利用したい瞬間に利用できるわけではありません。予約するとメールで案内が届きます。

一度しか利用していませんが羽田空港発の場合はおおよそ最短で着陸30分後に、最長で1時間程度で設定されているようです。

前日になると確定のピックアップ時間と車両情報がメールで送られてきます。

車輌はヴェルファイアでした。ブログ的には複数の利用者があったほうが良かったですが今回の利用は私1名のみで、結局Uber Blackを利用するのは変わりはなかったですね。乗り場もUber等と同様です。

神楽坂の自宅には30分ほどで到着。あっけないぐらいにスムーズに利用が終了しました。支払はネット経由で済ませてあるため降りる時にお金のやりとりはありません。利用後にはメールで乗車情報と領収書が送られてきて完了です。

もちろん自宅前まで送迎してくれるのですが、シェアした乗客に自宅の場所が知られるのはリスクであり、少しだけ離れた場所を到着地としたほうが個人的には良い気がします(これはタクシーシェアも同様)。今回は1人なのでマンションのエントランス前で降ろしてもらいましたが。

飛行機の到着が遅れた場合は待ってくれるわけではなく羽田国内線の場合は予定出発時間を10分すぎるとキャンセルになってしまいます(国際線の場合は未確認)。羽田国内線であれば30分後を出発時間とすると20分ぐらいの遅れでも問題ないため安心度はある程度高いですが、羽田・成田の国際線の場合は(出発時間のバッファはもっとありますが)結果使えないケースも多そうです。ですので電車・送迎どちらでも良く、もし乗れたらうれしいぐらいに考えておいた方がストレスは少ないですね。

こちらのコードを使っていただくと初回利用が1000円引きになるのでご利用ください。

プロモーションコード: tzrg9y

何度か利用したらあらためてブログにも反映しようと思います。

add_theme_support('post-thumbnails');