フォーシーズンズホテル東京大手町 宿泊記3 イタリアン「ピニェート(PIGNETO)」でフリーフロープラン

フォーシーズンズホテル東京大手町に滞在中の夕食は前日も別のホテルで夕食をとっていることもあり軽く済ませることにしました。一休レストラン経由でGo To Eatの対象である「【APERITIVO】アンティパストセレクション」(5900円)というプランを利用しました。もちろんGo To Travelの地域クーポンと併用ができます。

レストランはフルブッキング。当初の予定より早い時間に変更してもらおうと思いましたが全く空いておらず、事実レストランに行っても大変な賑わいでした。大手町ということもあり「勝ち組」的な雰囲気を漂わせた会社員が多かったですね。

アペリティーボですから料理は盛り合わせ的な一皿だけになります。ちょっと足りないよねと思いそのセットにパスタやピザを追加したら結局は食べ過ぎてしまいました。新型コロナ以降は日々の運動量も減っていますしアンティパストのセットとパスタぐらいで十分だったかもしれません。

フリーフローのドリンクはこんなラインナップです。いわゆる飲み放題的なドリンクではなく高級ホテルならではのものが並びます。でもまずはビールからいきましょうか。

アンティパストのセット。写真だと少なそうに見えますが種類もあるのでビールやカクテルを飲みながらだとそれなりにお腹が膨れてきます。

2杯目はカクテルで。こういうプランでグラスワインを飲むことはほとんどありません。よっぽど「おっ」と思わせるセレクトだったら別ですが。

ブラッディーマリー(ブラッディーメアリー)にしてみました。体にちょっとやさしい気がしてJALの機内でもよく飲みます(機内が混んで余裕なさそうな時は頼みませんが・・・)。今はわかりませんがJALだとエコノミーでもメニューにあった気がします。

それぞれ説明はしませんがカクテルは何杯か楽しみました。このプラン、フォーシーズンズホテルの中で飲めることを考えるとなかなかお得に感じました。アペリティーボとなっていますが遅めの時間でも予約できますし。

パスタやピザ。どれも一定水準以上の味でホテルのレストランとして十分です。

夕食後に少しホテル内を散策します。

このようなライブラリーのスペースも。といってもここで手に取って読むというよりはもっぱらインテリアとしての要素が強いですが。事実ここで熱心に写真を撮っているカップルも多かったです。

パブリックトイレも煌びやかです。

これはスパのほうにいく通路だったかな。

夜のロビーフロア周辺はこんな感じ。

次回はピニェートでの朝食の様子をお伝えします。

add_theme_support('post-thumbnails');