CATEGORY

ポルトガル

ユーラシア大陸最西端のロカ岬、そして帰路(ポルトガル2008 その22)[Portugal Cabo da Roca]

ユーラシア大陸最西端のロカ岬。深夜特急に登場するサグレスの先にある岬が最西端と間違われることもあるが、あちらはヨーロッパの果てではあるけれど、位置的にはこちらの方がより西にある。 岬にある売店では最西端の到達証を(有料)で作ってくれたりする。 特に何がある岬でもないのだが、やはりここまで来ると感慨深いものがあった。なぜかちょっと隠岐の島の景色を思い出したりもしたが。。 この日は吸い込まれそうなぐら […]

シントラ「ペーナ宮殿 ムーアの城跡 王宮」(ポルトガル2008 その21 世界遺産)[Portugal Sintra]

リスボンから西へ30キロほど、山の中にある町は世界遺産に指定されている。 一番の見どころペーナ宮殿は、内部が撮影禁止の所が多いためあまり写真を撮れなかったのだが、一言で言うとちょっと悪趣味な感じもある変わった城だ。宮殿よりもむしろその城から見る景色の方が感動が大きかったかもしれない。 城から見る景色。手前に見えるのはムーアの城跡。7~8世紀にムーア人がつくったもの。 シントラの町。 王宮。

リスボン「ドッカ・デ・サント・アマーロ(ウォーターフロント地区)」(ポルトガル2008 その20)[Portugal Lisboa]

リスボンの4月25日橋のたもとにあるスポットで、ディスコやクラブ、シーフードレストラン等が立ち並んでいる新しいエリア。日本で言うとバブル時代の芝浦を思い出させるような感じかも。 ここではシーフードレストランで夕食を楽しんだ。ブリッジとウォーターフロントを眺めながらの食事はある意味ポルトガルらしくない?風景だが、これはこれで楽しかった。食事は例によってすごいボリュームで最初は美味しく食べられたが途中 […]

リスボン「ファド」(ポルトガル2008 その19)[Portugal Lisboa]

リスボンの夜は団体でファドのお店へ。行ったのは比較的観光客が多いお店へ。最初は簡単な夕食(例によってちょっとビミョーな内容)から。 ショーはまず最初はなぜか?フォークダンスショーから。 いよいよファドが始まる。代わる代わるに3人ほど出てきた。歌い終わった後にはCDの販売も。あまり売れていなかったが。。。 ファド初体験にはちょうど良い店だったが、次に来ることがあれば、こぢんまりしたマニアックなお店に […]

リスボン「リスボン名物 市電とケーブルカー」(ポルトガル2008 その18)[Portugal Lisboa]

リスボンと言えば市電やケーブルカーが町に溶け込んだ風景がよくガイドブックの表紙等になっている。実際、街のあちこちでそのような風景を見ることができる。 主要な通りだけでなく、人が横を通るのも除けないといけないような狭い路地上の道路にまで走っているのが面白い。またリスボンは坂の町のため、ケーブルカーはもちろんだが市電もかなりのアップダウンがあり、ちょっとしたコースターに乗っているような気分になることが […]

リスボン「リスボン中心部 バイシャエリア 」(ポルトガル2008 その17)[Portugal Lisboa]

リスボンの中心部はバイシャと呼ばれるエリア。このエリアには日本でもお馴染みのスペインのZARA(ZARA HOMEも)やFOREVER21等の大型カジュアルブランドあり、賑わっている。 中心部より海の方向に歩くとコメルシオ広場に出る。 碁盤目状になった中心部の逆方向にあるフィゲイラ広場。 フィゲイラ広場から数分歩くとサンタ・ジュスタのエレベーターがある。これは鉄塔のようになっている中を旧式のエレベ […]

リスボン「発見のモニュメント ベレンの塔 ジェロニモス修道院」(ポルトガル2008 その16)[Portugal Lisboa]

リスボンというとまず最初に思いつく場所、というか思いつく写真はやはりここではないだろうか。実際、発見のモニュメントを見ると「ああ、リスボンに来たなあ」という実感が沸いてきた。モニュメントの先頭にたつのはもちろんエンリケ航海王子。 mo 結構そっけない場所にぽつんと経っているので、ちょっとあれっ?という感じは正直無くはないのだが、近づいてみるとやはり昔、教科書とかで見たそれ。上にも上ることが出来るら […]

ポルトからインターシティーでリスボンへ(ポルトガル2008 その15)[Portugal Porto lisboa]

ポルトに1泊してその後はリスボンへ。ポルトの中心部にあるサン・ベント駅はホテルから歩いて2~3分ほど。サン・ベント駅はアズレージョが見事でいかにも終着駅の雰囲気をもっているのだが、長距離列車が出るのはここから1駅移動したカンパニャン駅から。 たった一駅だけどのどかな道中。 カンパニャン駅に到着。駅は古い駅舎と新しい駅舎が同居。ここで特急列車(インターシティー)に乗り換え。 特急とはいってもひと世代 […]

ホテル メルキュール バターリャ ポルト(ポルトガル2008 その14)[世界遺産 Portugal Porto]

中心部に近いバターリャ広場にある町歩きにも便利なカジュアルなホテル。 ヨーロッパのホテルは部屋が狭い所が多いが、変形の部屋のため写真だとわかりづらいがここは広かった。滞在時間も短いのでこれでも十分すぎるくらい。 部屋に荷物を置いて再び街へ。 ライトレールに乗って移動。 先ほどは橋を見上げる場所を歩いたが、今度は橋の上から町を眺める。 ホテルに戻って夕食。ココのホテル、シンプルなものしか食べていない […]

ポルト歴史地区(ポルトガル2008 その12)[世界遺産 Portugal Porto]

ポルトはこの時のポルトガル旅行でも楽しみにしていた町のひとつ。いかにもヨーロッパの古都らしい風景が見られそうだし、名物のポートワインもある。到着してまずはドン・ルイス1世橋の見えるドウロ川沿いのレストランでランチ。ポルトガル料理はどこも素朴。ヴィーニョ・ヴェルデ(緑のワイン)と呼ばれる微発泡のワインとととにタコ料理を。ヴィーニョ・ヴェルデは普通のワインよりも少しアルコール分は少なめで、喉が渇いた時 […]

add_theme_support('post-thumbnails');