トラットリア29(ヴェンティノーヴェ)[西荻窪 イタリアン ディナー利用 2012年]

肉イタリアンとして有名な西荻窪のイタリアン。前から気になっていたが神楽坂からは割と行きやすいエリアにもかかわらず今まで訪れたことがなかった。
IMG_1055.jpg
この日は肉気分が高まっていたので注文した料理もおのずと肉料理ばかり。そんな中で最初に出される野菜の盛り合わせはこれから先の肉祭りの前にはぴったり。お肉ばかりにならないようにとの配慮?だろうか。
IMG_1058.jpg
IMG_1061.jpg
最初は色々ハムの4種盛り合わせ。イタリア産のサラミと、自家製ハム3種でどれも味はしっかりとついているので酒が進む。ハムの前菜は以前に青森の弘前で食べた「ダ サスィーノ」の料理を思い出させる。
IMG_1069.jpg
IMG_1064.jpg
IMG_1067.jpg
IMG_1066.jpg
次はウサギとズッキーニのフリット。揚げ具合、中の火の通り具合もちょうど良く、ウサギの肉は「らしさ」が閉じ込められていて旨い。最初食べ始めあっさりしていると思いきや噛むと結構歯ごたえも味わいも強め。肉そのものの旨さを味わえるが人によっては苦手かも。個人的にはかなりヒット。
IMG_1073.jpg
IMG_1070.jpg
パスタはこちらの定番とも言えるタリアテッレ・ボロネーゼ。具が多く、大きめでありながらもパスタと良くからんでいて旨い。あっという間に平らげてしまった。まさに肉好きのためのパスタ。
IMG_1075.jpg
メインは赤身ランプ肉のグリル300g。赤身肉の旨さを味わうために余計な味付けはあまりなく肉自体を十分に味わえる料理。赤身肉のため変にもたれることもない。
IMG_1083.jpg
IMG_1079.jpg
IMG_1085.jpg
時々無性に肉が食べたくなる時があるのだが、そんな時にぴったりなレストランだった。肉以外にも魅力的なメニューがあったので今度はそれらも試してみたい。

関連ランキング:イタリアン | 西荻窪駅

add_theme_support('post-thumbnails');