リゾートムードあふれる港町「ナザレ」(ポルトガル2008 その3)[Portugal Nazaré]

ナザレというとイスラエルの都市を思い出すが、昔この町を訪れた僧の持っていたマリア像がナザレのものだったことに由来するらしい。ちなみにイスラエルのナザレはキリスト教徒のアラブ人が多い町である。エルサレムやベツレヘムを訪れた時にも実感したが、イスラエル=ユダヤ教ではない。
画像 048.jpg
さて、ポルトガルのナザレだが、こちらは打って変わってリゾートムードあふれる町。ポルトガルというとどこか地味な町も多いのだが、ここは垢抜けた印象。トップシーズンには多くの観光客で賑わうらしいが、6月でもすでにビーチには人が多かった。
画像 051.jpg
画像 034.jpg
画像 046.jpg
海沿いのレストランでランチ。ナザレは港町なので魚料理も豊富。
画像 035.jpg
まずはポルトガルの定番のスープ「カルド・ヴェルデ(Caldo Verde)」。千切りのチリメンキャベツのはいったポテトスープだ。続いてミックスサラダ「サラーダ・ミシュタ(Salada Mista)」。
画像 038.jpg
画像 040.jpg
メインは名物のイワシの塩焼き「サルディーニャス・アサーダス(Saldinhas Assadas)」この時期はちょうど旬だった。
画像 041.jpg
そして〆は、この日から毎日のように食べることになるフルーツのシロップ漬け「サラーダ・デ・フルータ(Salada de Fruta)」。
画像 042.jpg
食後は麓のプライア地区からケーブルカー(Ascensor)に乗ってシティオ地区へ。
画像 047.jpg
画像 052.jpg
展望台から先ほどのプライア地区と海岸線が一望できる。
画像 053.jpg
画像 056.jpg
画像 055.jpg
展望台と広場をはさんで反対側には「ノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会(Igrea Nossa Senhora da Nazaré)」も。
画像 054.jpg
町の規模は小さいが見どころは多いところだった。

add_theme_support('post-thumbnails');