JALファーストクラスラウンジ羽田[1] エントランスとメインエリア(ハンガリー/フィンランド2014その1)

羽田のJALファーストクラスラウンジは8月29日にリニューアルオープンしたが、なかなか行く機会が無く、今回の旅行で初めて訪れることができました。
IMG_0577
JALのファーストクラスラウンジHP
https://www.jal.co.jp/inter/lounge/hnd_first/
以前のファーストラウンジと比較して3.8倍の広さに、座席数も2.8倍になっているそうです。また「room to room」という空間デザインを導入し、エリアごとに違った雰囲気/スタイルで寛ぐことができるようになっています。
エントランスからメインの部屋に向かう通路は、屏風をイメージしたデザインで、左官によるアート作品にもなっています。このあたりアンダーズ東京にも通ずるところがありますね(あちらは襖と塗り壁風の和紙アートですが)。
IMG_0682
IMG_0680
メインのエリアは極力背の高い家具を避けて、それほど大きくはない空間を広く見せるデザインとしていますね。寛げる空間ではありますし、機能美も感じますが、高級感という意味では成田のラウンジのほうがあるような気もします。また全体的にもう少し「遊び」は欲しいところです。
IMG_0672
IMG_0670
IMG_0574
IMG_0575
でもなんだかんだ言ってもやはり居心地は良いです。様々なコーナーがあるので高頻度で利用するゲストならお気に入りの空間も見つかるのではないでしょうか。
IMG_0685
IMG_0684
エントランスから見て一番手前のエリアにはキャセイの香港ラウンジのようなトールタイプの丸型の椅子も。こちらは色合いは違うもののサクララウンジスカイビューのところにもありますね。このエリアはビジネスコーナーにもなっています。
IMG_0679
IMG_0677
IMG_0675
写真を撮り忘れましたが、リラクゼーションのコーナーもあります。羽田では初めて有人のマッサージ(現地で予約必要)や、マッサージチェアが置いてあるスペースもあります。
さて、次は「RED SUITE」と呼ばれるエリアを見てみましょうか。
人気ブログランキングへ

add_theme_support('post-thumbnails');