アジアベストレストラン50にランクインしたタイ料理店「Bo.lan ボラン」でランチ(週末バンコク+伊勢旅行2016 その8)

この日のランチに選んだのは、「サンペレグリノ&アクアパンナ」がメインスポンサーのAsia’s 50 Best Restaurants に2015年まで選出されていたBo.lan。
残念ながら2016年は圏外になってしまったようですが、まあこの手のランキングはかなり恣意的なものですし、広告メディアぐらいに考えていればいいのではと思います。もちろん何位であろうが一度でも50位以内に選ばれる時点で一定の基準はクリアしているわけですからレストラン選択の材料のひとつにはできると考えていいのでしょう。
トンローの表通りからソイに入って5~6分でしょうか。Bo.lanの看板が見えてきました。以前にあった場所からは移転して今の店舗は前よりも広くなっています。
IMG_4457
IMG_4459
ちょっとユルイ感じのアプローチを抜けて・・・
IMG_4460
レストランの入り口までやってきました。
IMG_4461
予約の名前を伝えて席に案内されるまでウェイティングスペースでしばらく待ちます。
IMG_4464
IMG_4466
IMG_4467
それではいよいよ店内へ。
IMG_4470
なかなか良い雰囲気ですね。落ち着いて食事が楽しめそうです。
IMG_4471
今回は980Bのランチのセットを注文しました。それぞれ2種類から料理をチョイスできる内容になっています。ディナーのほうがより凝ったものが出るようで、それと比較するとオーソドックスな料理が中心のように思いましたが、その分まっとうなタイ料理の美味しさを味わうことが出来た気がします。以前のランチメニューより少し原点回帰したのでは。
まずはオリジナルのモヒートを。それぞれ種類を変えて。
IMG_4475
IMG_4494
IMG_4493
最初にアミューズ的な一品。
IMG_4473
そしてランチについては一気にその後の料理が並べられます。ひとつひとつの料理を見るとやはり前にいたというNahm(ロンドン)の影響を感じることが出来ますね。
派手な料理ではないのですが、どこか洗練されていて、どこかほっとするようなイイ感じのラインです。
IMG_4480
バンコクのNahmの時もそうだったのですが、またもや辛めの料理ばかり注文してしまったようです。でもやはりタイ料理に辛さの要素は甘味や酸味の他に必須だと思いますのでよしとしましょう。
それぞれの料理もアップで撮影してみました。折角なので夫婦2人でなるべく違う料理を注文しています。
IMG_4482
IMG_4483
IMG_4484
IMG_4485
IMG_4486
IMG_4487
IMG_4489
IMG_4490
美味しそうでしょ。詳しい説明は不用な気がします。
これらをご飯の盛られた皿にのっけながら食べます。
IMG_4495
最後にデザートを。これはNahmのそれに似ていますね。
IMG_4497
コーヒーがイマイチだったのはご愛嬌ということで。。
IMG_4502
以前の建物より余裕があって料理とともに空間も楽しめます。
IMG_4500
IMG_4505
IMG_4508
IMG_4504
何というか料理は素直に美味しく感じる内容でしたね。ファインレストランというよりは上質食堂という感じです。最近はどのジャンルの料理も「驚き」を意識したものが多い中で、今回は上質でありながらホッとさせられる食事でした。今回はあくまでもランチでの感想なので夜はまた違うと思いますが。

add_theme_support('post-thumbnails');