三陸海岸の大船渡「やすらぎの宿 廣洋館」に宿泊(三陸縦貫ドライブ旅2016春 その8)

岩手・三陸海岸の大船渡にある「やすらぎの宿 廣洋館」に到着。
IMG_5535
IMG_5506
宿のご主人がオーディオマニアとのことでロビーフロアにもl真空管アンプ等がありました。
IMG_5505
IMG_5554
お部屋はは洋室と和洋室、和室があり、今回は洋室に。
IMG_5531
IMG_5511
IMG_5527
こちらの宿は震災後半年経ったころに仮営業で再開しましたが、その後建て替えリニューアルをして再オープンしました。ということで館内も部屋もまだピカピカです。
部屋の内装はシンプルですが、GWの真っただ中でも1泊2食で一人14000円程度ですからかなりお安めですね。普段の時期なら1万ちょっとという感じでしょうか。
部屋はユニットバス付きでちょっとしたホテル並みの設備です。バスタブも十分な大きさがありますが、基本は大浴場を利用する人が多いでしょうね。
IMG_5522
IMG_5520
自由に飲み物が入れられる空の冷蔵庫、そしてまだ新しい浴衣。
IMG_5518
IMG_5519
窓からは太平洋が広がりますが、消防法上なのか防災上そうしたのか網入りガラスなので近くに寄ると視界が少し遮られます。
IMG_5513
宿に沿って新しい堤防も造成されていました。
IMG_5517
夕食は遅い時間のスタート(19:30)にしていたので、チェックインしてすぐに先に大浴場へ。
IMG_5541
とても清潔で気持ち良いですが残念ながら温泉ではありません。脱衣所もコンパクトですがとても清潔。
IMG_5539
さて、お楽しみの夕食。この価格帯の旅館としては内容が充実しています。
IMG_5556
お刺身もボリュームがありますね。
IMG_5558
三陸の夏といえばはずせないホヤ。臭みもなくすっきりとした味でした。
IMG_5562
こちらもオホーツク沿いや三陸沿いでよく料理に出るキンキ。八戸あたりでも「きんきん」という名前でよく提供されます。
IMG_5564
牡蠣の蒸し焼き。
IMG_5565
日本酒はやはり三陸の酒ということで陸前高田の地酒「酔仙」。
IMG_5571
IMG_5573
中皿としてホワイトソースの入ったパイも。
IMG_5574
最後は果物で終了。
IMG_5575
IMG_5576
食べきれないほどの料理でお腹一杯になりました。
朝食は普通の内容ですが、イカのお刺身なども。
IMG_20160505_074011
目の前の海はまだ大震災の傷跡を感じる状況でしたね。
IMG_5577
IMG_5582
IMG_5583
三陸海岸は温泉が出るところが少ないのがちょっと残念ではありますが、ハイシーズンでもそこまで料金変動がなく、コストパフォーマンスの良い宿が多いなとあらためて思いました。

add_theme_support('post-thumbnails');