ひらまつ オーベルジュ・ド・ぷれざんす桜井のディナー(奈良大和路 週末旅行2017 その8)

ディナーはもちろん「ひらまつ」運営のオーベルジュのレストランで。オーベルジュは万葉集の世界が広がる明日香村、そしてJR東海のCMにも登場する神社等の有名寺社がいくつもある桜井市を見下ろす高台にあります。
まずはテラス席でアペリティフをいただきます。
IMG_9997
IMG_9991
テラスからは古墳も見えます。
IMG_9993
徐々に日が暮れていきます。
IMG_9987
IMG_9988
IMG_9990
レストランは席の間隔もゆったりしており9室しかない宿泊施設とは思えない感じです。
IMG_0008
テーブルもきれいにセッティングされています。
IMG_0013
IMG_000803
IMG_0017
最初に「ガーデニング ~夏を待つ庭~」と称するアミューズが。植木鉢の観葉植物のような料理が並びます。
IMG_0025
IMG_0027
IMG_0031
IMG_0039
IMG_0041
見た目重視というだけではなくて、それぞれ食べても美味しいものです。
この日は初夏のような気候。そこで、ワインはボトルでクレマン・ド・ブルゴーニュにしました。
IMG_0021001
IMG_0036002
次は野菜畑の牛蒡と人参。濃厚でいてすっきり、そして一気に体の内部が温まります。この時期冷たい飲み物ばかりになり体調を崩したりするのでちょうど良いですね。
IMG_0033
日が暮れるとレストランの雰囲気も変わってきます。
IMG_0043
IMG_0048
バターはエシレです。
IMG_0045
IMG_0034
奈良県産野菜の田園仕立て。地元産野菜を少しずつ。見て食べて2度おいしいですね。
IMG_0052
IMG_0054
ところどころに鴨肉もあったりします。
IMG_0060
サービスはそつがなくスムーズに進行します。さすがひらまつ、安定感がありますね。
甘鯛のポアレと竹林の中のリゾット。筍と木の芽。
IMG_0061
出汁をその場でかけてもらいます。
IMG_0062
IMG_0064
IMG_0065
メインは奈良県産ポークのフィレ肉とグリーンアスパラガス、フランス産モリーユ茸のソースとともに。
IMG_0070
見た目の楽しさもある上で、やはり料理自体がしっかり美味しいと感じられるところが良かったですね。奈良の素材を活かすためにある意味作りすぎていないところも好印象でした。
IMG_0071
IMG_0073
IMG_0079
食後にメニューには載っていないのですが・・・と地元産の三輪そうめんが。
IMG_0082
その後にプレデセール。
IMG_0089
最後は明日香ルビーのフレジェ。
IMG_0090
IMG_0094
最後の小菓子とコーヒーはレストラン横のラウンジに移って。小規模な宿でこのようなスペースがあるのは贅沢ですね。
IMG_0108
IMG_0109
小菓子は、ケースに入っていますので持ち帰れるようになっています。。焼菓子ですから風味は落ちるものの多少はもつでしょうし、明日のおやつにしましょう。
IMG_0106
IMG_0105
IMG_0099
旅で宿に泊まると、お部屋は素晴らしいのに食事で残念な思いをすることが少なくないのですが、こちらはオーベルジュの名を冠しているだけあり食事も期待を裏切らないクオリティーでした。
他のひらまつのホテルにも宿泊してみたいですね。

add_theme_support('post-thumbnails');