Plachuttas Gasthaus zur Oper(プラフッタ ガストハウス・ツァ・オーパー)でウインナーシュニッツェル 2017年9月ウィーン

Plachuttas(プラフッタ)と言えば地元ではウィーン名物のターフェルシュピッツで有名なレストランで市内に3店舗ぐらいあるそうですが、こちらのPlachuttas Gasthaus zur Oper(プラフッタ ガストハウス・ツァ・オーパー)は、その関連店でウインナーシュニッツェルを主体としています。
IMG_0769
人気店で本来は予約がないと入店は難しいようですが、カウンターでも良ければ・・」ということですぐに店内に案内してもらえました(テラスは空いていたのですが気温が15度くらいしかなく寒い日でした)。いや、逆にシンプルに食べたいものだけ食べてサッと出たい感じだったのでちょうど良かったです。
IMG_0770
店内はおしゃれで活気がありますが店員やゲストの往来もひっきりなしで落ち着いて食べるような雰囲気ではありません。
IMG_0755
IMG_0754
メニューはこんな感じ。
IMG_0751
IMG_0752
まずはオーストリアワインを注文します。
IMG_0758
テーブルのセッティングがされてパンが運ばれてきました。
IMG_0756
IMG_0757
注文は2名でもちろん、これははずせないWiener Schnitzel(ウインナーシュニッツェル)と、ウィーン風ステーキとも言えるZwiebelrostbraten(ツヴィーベルローストブラーテン)にしました。
最初はウインナーシュニッツェルを。
IMG_0761
IMG_0763
そしてウィーン風ステーキ。
IMG_0765
IMG_0766
どちらも美味しかったですね。ウインナーシュニッツェルも衣の付き方や肉のやわらかさ等、とても好みの味でした。ウィーン風ステーキは薄いステーキにたっぷりの揚げた刻みたまねぎがのっています。肉自体にはあまり強く味がついておらずたまねぎと一緒に食べる感じですね。
翌日にはウィーンを発たないといけないので、食事を済ませたらもうBAR等には立ち寄らずまっすぐにホテルへ。それもレストランで満足できたからですね。

add_theme_support('post-thumbnails');