牧志のパーラー小やじで昼飲み(那覇グルメ27 2018年)

牧志公設市場周辺のアーケードを歩いていると昼から多くの人が集まっている一角があります。「足立屋」はこの周辺での昼飲みブーム?のきっかけとなった立ち飲み屋でこの日も多くの昼飲み客でにぎわっていました。
DSC_2930
今日はこちらがお目当てではなく、そこから少し歩いた「パーラー小やじ」へ。こちら那覇市内の泉崎にある「飲み喰い処 小やじ」の2号店で、カウンターのみの小さな店舗になります。仙台出身の方が開いたお店だけあって沖縄にありながら意外と日本酒を飲んでいる人も多いのが面白いです。
DSC_2937
着いたのは15時半ぐらいでしたが椅子の席は既に満員。手前の立ち飲みのコーナーならということで、まずはキンキンに冷えたジョッキでオリオン生を。明るいうちから飲むビールはまた格別のものがあります。ちなみにこちらは15時開始のみ予約もできます。
DSC_2936
晩ごはんは別途と思っていたので、こちらでは軽めのつまみを3品注文しました。
料理が運ばれる前に運良く1人分の席が空いたので移動。
DSC_2942
注文したのは水茄子とミョウガ和え(400円)、豆苗と茶えのきのお浸し(400円)、そぼろチーズ(300円)です。
良いなあと思ったのは和え物やお浸しがとても上品でワンランク上の小料理屋さんで食べるような味わいだったこと。このあたりも人気の要因かもしれません。
DSC_2944
DSC_2945
そぼろチーズは酒のつまみにぴったり。こちらは二杯目のキンミヤ焼酎うっちん茶割で楽しみました。
DSC_2946
この日はかなり抑え気味に注文しましたが、また来た時は、さらにガッツリと注文してみたいです。ナポリタンなんかも気になります。

add_theme_support('post-thumbnails');