礼文島 岬めぐりトレッキングコース(礼文島旅行2018)

フェリーで香深港に到着して島内のバスで島最北限のスコトン岬へ。

IMG_5416
IMG_5420
IMG_5426
DSC_2300

こちらには売店があり観光バスもどんどん到着します。ササッと写真を撮って出発です。この日歩くのは岬めぐりコース。昔は4時間コースと呼ばれていたコースですが、最後の車道を歩く部分がバス路線がなくなったため今は歩くと4時間以上かかるようになり名前を変更したとか聞きました。
途中まではバス道を引き返して歩いていきます。

IMG_5433

10ほど歩くと林道への入り口があります。ここから先は舗装はされているものの車一台通れるぐらいの幅の林道になります。

IMG_5434
IMG_5431

道端にはたんぽぽが咲いていました。

IMG_5436
IMG_5429

少しずつ高度を上げていきます。常に空と海が見える道です。

IMG_5456
IMG_5441
IMG_5444
IMG_5452
IMG_5452
IMG_5461
IMG_5462

このあたりはまだ花はあまり咲いていません。

IMG_5446

途中でこの林道ともお別れして山道へ。

IMG_5463

これはセンダイハギかな。

IMG_5467

徐々に花が増えていきます。そんなに花に詳しいわけではないので写真だけ載せていきます。

IMG_5464
IMG_5469

分岐からゴロタ岬までは一気に200mくらいまで高度をかせいでいきます。

IMG_5477
IMG_5475

海の色がきれいですよね。

IMG_5478
IMG_5481

日本とは思えないような景色が次々と展開していきます。

IMG_5486

ゴロタ岬に到着。ここまでで4キロ弱ですが、途中からの登りが急で実際にはそれ以上に感じます。

IMG_5491
IMG_5487
IMG_5490

岬では白人が熱心に花の写真を撮っていました。おそらくしばらく滞在しているのでしょう、間違って花の名前をつぶやいたら白人に訂正されました(笑)。

IMG_5496
IMG_5498

似たような花が多いので詳しくないと同じようでも実は違ったりします。花を本格的に見たい、撮りたいならガイドに同行してもらうほうが絶対良いです。珍しい花は咲いているスポットも限られているので。

IMG_5503
IMG_5506

南の方向には遠くに利尻富士が見えます。

IMG_5492
IMG_5499

こちらは歩いてきた方向、スコトン岬とトド島です。

IMG_5501

道の両側に海が見えます。

IMG_5493

しばらく休憩してさらに鉄府や澄海岬を目指します。

IMG_5502

岬からはまた一気に下って海沿いの道へ。

IMG_5509
IMG_5510
IMG_5512

こんな感じで下ってきます。

IMG_5511

岬から40~50分ぐらいは歩いたでしょうか。鉄府の集落に到着します。集落といっても公共のトイレはあるものの売店があるわけでもなく人もほとんど歩いていません。

IMG_5515

ここまでのアップダウンで疲れてしまった人は、ここから浜中に抜けるショートカットルートがあります。ただ一番にハイライトである澄海岬に行けなくなります。

IMG_5516

集落を抜けると再び山道へ。100mほどの丘を越えるのですが、普段歩きなれないとここまでで疲れているはずなのでもっとキツく感じるかもしれません。

IMG_5519
IMG_5517

これはハクサンチドリと思いますが間違えていたらすみません。

IMG_5521

こちらは実家にも植えられていましたのでオダマキということはわかりますがミヤマオダマキにしては大きいのでセイヨウオダマキとどちらなのかは判別がつきませんでした・・。

IMG_5522

この道にはたくさん咲いていました。

IMG_5524
IMG_5526

丘から見た鉄府の集落。

IMG_5527

丘を越えて。

IMG_5533
IMG_5532
IMG_5536

目的地である澄海岬に到着です。
岬への階段を上る前に手前の売店で休憩です。ホタテのフライを。ここに到着するまではスコトン岬以外では一切売店はなかったのでやはり今朝ANAクラウンプラザホテル稚内でたっぷりと朝ご飯を食べておいて良かったです。

IMG_5537
DSC_0000_BURST20180610135059550

そして澄海岬へ。

IMG_5540
IMG_5539
IMG_5541

ここからバス停のある浜中までは車道をのんびりと歩いていきます。途中にレブンアツモリソウの群生地があるのですが、そこはもう盛りは過ぎており、すぐ近くの別の場所で見ることができました。

IMG_5545
IMG_5559

ここでは他の花も。

IMG_5552
IMG_5556

更にバス停の近くには別種類の赤いアツモリソウも。

IMG_5566

それでは、今夜の宿に向かいます。

add_theme_support('post-thumbnails');