ディルホゥラエイのブラックサンドビーチ [黒砂海岸] (アイスランド旅行2018 その20)

アイスランド南部のヴィーク周辺の海岸はブラックサンドビーチと言われ、火山灰でできた黒い砂の海岸が続き柱状節理が見られるエリアです。
一番有名なのは海岸に降りて柱状節理を間近に見ることができショップもあるレイニスフェラという場所なのですが。リングロード(国道一号線)から右折する道を間違えてディルホゥラエイ(Dyrhólaey)という場所に出てしまいました。
まあ柱状節理は同じ火山国である日本でもあちこちで見られますし、黒い海岸が見られればと良しとすることにしました。
クルマを駐車場に止めて海岸のほうへ。
この建物は駐車場のトイレです。何だか開放的なつくりですね。

DSC_4864
DSC_4857
DSC_4854

周辺の案内板。

DSC_4856

波が荒くて怖いぐらいです。

DSC_4849
IMG_4223
DSC_4863

こちらの方向の海岸は「ブラックサンドビーチ」と呼ぶにふさわしい?黒さですね。

DSC_4860
DSC_4858
IMG_4227

この日は移動が多いのでまだまだ先に進みます。

add_theme_support('post-thumbnails');