羽田空港 蕎麦 三合菴 閉店(今さらの話題)

昨年はブログでも何度か書いたようにANA/スターアライアンス系にフライトを寄せたため、羽田空港第1ターミナルに行く機会がぐっと減ってしまいました。
今年に入って再びJALメインに戻り13番搭乗口に向かったところ、蕎麦屋のところに違和感が。何と三合菴が別のお蕎麦やさんに変わっているではないですか。三合菴自体も白金から広尾に2017年に移転しましたが羽田空港店も2017年の12月で閉店したとのこと。ANA中心だったとは言え、時折出張がはいる三沢等はJALしかなく全く来ていないわけではないのに(但し搭乗口はいつも一番端のほうかバスですが)、一年ちょっとも気づかないとは。
以前JALメインの時に結構利用していたのです。ANAメインにする前に既にJALのDPラウンジのフードが増えていくとともに私の利用がいつしか減ったのかも。

DSC_2702-600x450

本店のほうも規模を広げたり狭くしたりしたこともありましたし、羽田もやっていては人材も含めクオリティを保てないと思ったのか、早く出すことが重要な空港でもしっかり工程をふんで蕎麦を出しているように見えたので、そこがマッチせず出張族あたりに早く出せと怒鳴られることもあったのか真偽は定かではないですが残念です。一年も気づかなかった人に言う資格はないですが(笑)。
割りと時間があったので、あらためて空港を見てみると様々なところがテナントも含め変化していて、ラウンジと搭乗口を行き来していただけの空港訪問はちょっと変えたほうがいいなと思いました。オニギリをラウンジから大量に持ち出す人に気をとられて憤慨するよりも(笑)、もっと色んなところに目を向けようと思った新年です。

add_theme_support('post-thumbnails');