オノ・シーフードのアヒポキ丼(A380フライング・ホヌでいくハワイ旅行 2019)

カハラ・モールからUberを呼んでオノ・シーフードに向かいます。LeaLeaトロリーでも良かったのですがあまり良い時間帯になく。。Uberのドライバーさんは珍しくおしゃべり好きで、タクシーだとおしゃべり好きというだけで警戒してしまうのですが今回はUberですし不快な思いをする確率は(無いとはいいませんが)はるかに低いです。ドライバー曰くワイキキは本当のハワイではない、ワイキキは何でも高すぎるし自然もない。カハラのほうまで来ないとハワイの良さはわからないと言っていましたが、それはその通りだと思います(但し日本人的にはワイキキ周辺も楽しいですが)。あとオノ・シーフードはグッド・チョイスだと。アヒポキ丼は近海ではなく冷凍マグロを使っているところも多いが何故か値段はそんなに変わらない。オノ・シーフードは確かにちょっと高いが質も高いと。海藻が入っているのも特長だと。ドライバーにそう言ってもらえると楽しみというものです。

そうそうUberの時も私は基本チップは少なくともその国の相場以上は払うようにしています(アプリから)。日本人はどこに行っても払っていない人も多いようですが、レガシーキャリアに乗って、タクシーに乗り、それなりのホテルに泊まるお金があるのならちゃんと払おうという考えです(但しチップ制度は私はなくすべきと思ってますが・・特にアメリカは異常です)。

オノ・シーフードは素っ気ない場所にぽつんと建っています。

メニューを見ると2種類をミックスすることもできるようなので私と妻でそれぞれ色々な具にしてみました。

店の外のベンチはあまりにも暑かったので、そこで食べずに持ち帰りにして近くの停留所から再びLeaLeaトロリーに。

コンドに戻り早速アヒポキ丼をいただきます。マグロ自体のクオリティが高いですしそれぞれのタレというかソースも美味しいですね。マグロは沖縄の近海マグロと似たような味です。もっと山盛りマグロを食べたい気分になりましたが、まだ食べたいというくらいでとどめるのが一番おいしいのでしょうね。

妻がしょうゆとハワイアン、私がハワイアンとスパイシーだったかな。

ごちそうさまでした。

add_theme_support('post-thumbnails');