週末熱海 格安旅行 予告編とまとめ記事(2020年9月)

先週の木曜日に週末温泉に行きたいなと思い検索するとお盆前後のGo to祭りがおさまったのか8月は部屋が埋まっていた近場の温泉地でも結構空きが出ていました。それならばと金曜日のテレワークを少し早めに切り上げアクセスしやすい熱海に行先を絞りました。

金曜日はフルフレックスを利用して16時台に仕事を切り上げ東京駅へ。東海道新幹線はJR東日本の新幹線e-チケットが使えないため仕方なくえきねっと端末発券で。JR東海は経営方針が好きではないのでスマートEXも特に使っていませんし、京都・大阪も新幹線のほうが便利でも飛行機です。小田原・熱海方面に早く行きたい時だけやむを得ずという感じですね(笑)。

熱海からはタクシーで1泊めの宿である「ラビスタ伊豆山」へ。金曜日宿泊ですが2食付き75平米の部屋で1人1万円税別は悪くないですね。ただしリゾートマンションを改造したような部屋は経年劣化がかなり激しいのでそのあたりは割り切りで。

ラビスタはドーミーインでお馴染みの共立メンテナンスの系列なので食事もツボを心得ているというか価格の割には満足できる内容でした。温泉にも入れて十分です。

安いプランなので部屋は山側という話でしたが海も少し見えました。

翌日はホテルの送迎バスでいったん熱海駅に行き付近の散策を。でもすぐ飽きて駅前の大きなマクドナルドで涼んでいました(笑)。翌日の朝食用のパンは買いましたけど。

午後はバスに乗ってMOA美術館へ。美術品も見応えがあるのですが建築物自体も見る価値がありますね。

この時の企画展は「井上 涼 展 炎とびじゅつの熱い関係をごらんあれ~!」というものでEテレ「びじゅチューン!」という番組の出演やアニメ制作、作詞作曲をしている人らしいのですが、子供がいない私たち夫婦は全然知りませんでした。

そして2日目の宿はMOA美術館から徒歩10分もかからない場所にある「四季倶楽部 熱海望洋館」へ。こちらは何と素泊まりで一部屋7260円税別でした。経年劣化が激しく古いのですが元SONYの保養所ですので基本的な作りにお金がかかっています。

翌日は急坂を下って熱海駅へ。帰りは急ぐ必要がないので快速アクティのグリーン車で東京駅に戻ってきました。そして丸の内オアゾを通って東京メトロ東西線に乗り継ぐ際に最近できた「根室花まる」でランチを。

安上がりで充実の週末旅でした!

次回から訪れた場所をピックアップしてご紹介していく予定です。

add_theme_support('post-thumbnails');