アヤナリゾート&スパ その1 部屋編[バリ島 インドネシア]

アヤナリゾートは元々はザ・リッツ カールトン バリとしてOPENしたが、数年前にアヤナリゾートとなった。
bali1 068.jpg


タクシーで到着すると、スタッフにより到着時にはレイがかけられ、そのままクラブフロアへ案内される。チェックインはラウンジで座りながらおこなった。
bali1 087.jpg
アメックスの特典なのかチェックアウトが16時まで延長され、60分のスパメニューも料金に含まれていた。ちょっと得した気分。
元がリッツだっただけに、クラブフロアでは1日5回のフードプレゼンテーションがある。今回はこちらのクラブルームに滞在した。
クラブルームは白い床に天蓋付きベッドの部屋となっており、リゾート気分が盛り上がるインテリアとなっている。もちろん部屋には随所に南国の花で飾りつけがされている。
bali1 069.jpg
bali1 070.jpg
ラウンジにあるからいらない気がしないでもないが部屋にもたっぷりフルーツも用意されていた。
bali1 071.jpg
部屋にはバルコニーがついており、窓からは真正面ではないものの、ホテルの敷地越しに海が見えた。ホテルスタッフが夕日が美しいので是非と言っていたが、滞在中は毎日晴れてはいたものの、夕方になると少し雲が出ることが多く、海に落ちる前に先に雲に隠れてしまったのが残念。
bali1 074.jpg
bali1 073.jpg
bali1 195.jpg
bali1 196.jpg
部屋は比較的ゆったりとしたつくりだが、華美な感じはなくすっきりとした内装に仕上がっている。ただ設備は必要十分に揃っており、何かの不便を感じることはない。
bali1 076.jpg
bali1 089.jpg
bali1 090.jpg
bali1 091.jpg
サニタリスペースはトイレとシャワーブースが独立しており使いやすいがブースは少し狭く圧迫感がある。リゾートでは部屋の滞在時間も長いので洗面カウンターも欲を言えばダブルシンクだと使いやすいのだが。。
bali1 083.jpg
bali1 078.jpg
bali1 081.jpg
アメニティーはホテルオリジナルのもの。使い心地は正直普通である。到着時はバスタブがフラワーバスになっていた。
bali1 077.jpg
部屋のミニバーは比較的シンプルな品ぞろえ。ルームキーはホテルの敷地内の風景写真が。。
bali1 100.jpg
bali1 101.jpg
bali1 102.jpg
bali1 104.jpg
いくつか欠点も挙げたが、じゃあ満足できなかったのかというと決してそんなことはなく、総じて良い滞在だった。
bali1 143.jpg

add_theme_support('post-thumbnails');