パークハイアットソウル ホテル宿泊記 [韓国 ソウル]

パークハイアットソウルはCOEXモールに対して交差点を挟んだ向かい側に位置している。
seoul 326.jpg


建物は全面ガラス張りとなっており良く目立つが、外から部屋も丸見え状態なので、カーテンを閉め切っている部屋も多い。
seoul 0002.jpg
seoul 0001.jpg
部屋に入ると廊下のスペースがなく正面奥にはいきなり大きな開口部が広がる。これを落ち着かないと見るか、広々としたゆとりのある空間と見るかは人それぞれだが、個人的にはとても気に入った。
今回はデラックスカテゴリの中では比較的広いタイプの部屋をアサインされたようだ。
seoul 0003.jpg
seoul 227.jpg
seoul 238.jpg
seoul 240.jpg
seoul 242.jpg
またもうひとつの特徴はとにかく天井が高い。この高さはかなりの贅沢。
seoul 283.jpg
seoul 286.jpg
部屋にはスモモのようなフルーツが。この時期ソウルのいずれのホテルでも見かけた。
seoul 323.jpg
ミニバーやグラス、ポット、金庫などは作りつけの家具にキレイに収納されている。このあたりの作りはかなりこなれた感じ。
seoul 291.jpg
seoul 279.jpg
seoul 259.jpg
seoul 258.jpg
seoul 263.jpg
seoul 261.jpg
seoul 265.jpg
seoul 256.jpg
seoul 280.jpg
部屋全体が品よくコーディネートされており、カッコ悪いものはすべて排除されているので、とても心地よい空間に仕上がっている。
なぜこんなモノをココへ置いたのかという違和感はどのグッズからも感じない。特別高級なものを使っているわけではないのだが、すべてに調和がとれているのが良い。
seoul 277.jpg
バスルームは部屋からも洗面スペースからも外からもガラス張り。
かなり思い切ったデザインだが、どこからも丸見えなので実際にはカーテンを下ろして使うことになる。下ろしても開放的な気分になるのだから不思議なものだ。
seoul 233.jpg
seoul 244.jpg
アメニティーはイソップ。最近のホテルチェーンにありがちなわけのわからないオリジナルブランドでないのは好感。
seoul 363.jpg
seoul 335.jpg
seoul 333.jpg
seoul 316.jpg
シンクはダブルではなくシングルだが、トイレはセパレートタイプとなっている。ソウルの他のホテルもそうだが歯ブラシと髭そりの常備はない。ただリクエストすれば持ってきてもらえるようだ。
seoul 235.jpg
クロゼットはウォークインタイプではないが客室とサニタリースペース双方から使える設計となっており、なかなか便利。引き戸を多用しているのは東京のパークハイアットと同じだ。
seoul 249.jpg
seoul 267.jpg
seoul 269.jpg
全般的にはパークハイアット東京のようなバブリーな雰囲気とは違い、よりシンプル。とはいうもののデザインの方向性自体は似ていて、どちらもパークハイアットらしいパークハイアットと言えるのではないだろうか。
seoul 362.jpg
朝はゴールドパスポート特典のモーニングコーヒーを。このサービスは手間もそれなりにかかっているはずだが、今後もぜひ続けて欲しいもののひとつ。
seoul 368.jpg
サービス面では、かなりきめ細やかに対応してくれる印象。こちらがあれこれ説明しなくても良いのはかなり楽。ホテルはスタイリッシュだが、スタッフから受ける印象はよりフレンドリー。また、日本語を勉強しているスタッフも多く、複数のスタッフがかなりキレイな日本語を話してくれたのは意外。チャックアウト時はCOEXエリアにあるバスターミナルまで模範タクシーを手配してくれた(タクシー代はホテル負担)のもスマート。
また是非再訪したいホテルのひとつだ。

add_theme_support('post-thumbnails');