薪小屋(新潟のワイナリー小旅行 その2)[カーブドッチワイナリー ビアレストラン 2014年9月 ]

到着してヴィネスパのフロントで荷物を預かってもらいます。宿泊客であればチェックイン時間前でも温浴施設(スパ)を利用できるのですが、お腹が空いてきたのでまずはランチへ。
IMG_0130
カーブドッチの敷地内とその周辺にはいくつかのレストランがありますが今回チョイスしたのは薪小屋というレストラン。ドイツ人建築家カール・ベンクス氏が設計した、ドイツの家と新潟地方の古民家を合わせたような建物になっています。
IMG_0128
IMG_0131
ランチメニューはイタリアンをベースにしていますが、実際にはハムやソーセージなどのメニューが多く、どちらかというとビアレストランと言った方が近いような気がします。
IMG_0152
実際のところ内装もビアホールのような感じですね。
IMG_0156
IMG_0149
私達がメニューの中から選んだのは自家製ソーセージの盛り合わせのランチセット2000円。セットには前菜の盛り合わせと、デザート、パン、コーヒーがついてきます。
IMG_0147
もちろん?この内容ですからビールもいただきます。ビールはこちらのレストランの地ビールで、トールグラスで400円と比較的手ごろな価格です。
IMG_0154
まずは前菜の盛り合わせ。ちょっと内容がメインとかぶるような気もしますが(笑)、まあいいでしょう。メニューを見た感じパスタとかにするよりはやっぱりハム・ソーセージ類を食べた方がいいのかなと思いましたし。
IMG_0159
IMG_0160
IMG_0161
メインのソーセージ盛り合わせ。写真で見る以上に実際にはボリュームがあります。最初カジュアルなレストランのランチで2000円は少し高めかなとと思っていたのですが、この内容をみれば納得です。ソーセージの味も本格的です。
IMG_0172
IMG_0169
IMG_0176
デザートは割と普通ですね(笑)。
IMG_0177
さて、それではカーブドッチワイナリーとその周辺を少し散歩してみましょうか。

add_theme_support('post-thumbnails');