ザ カンタス シンガポール ラウンジ チャンギ空港 (2015年2月)

シンガポールにはJALの直営ラウンジはありませんので、ワンワールド系のラウンジだと前回ご紹介したブリティッシュエアウェイズのラウンジか、もしくはこちらのカンタス航空のラウンジが2大ラウンジといって良いでしょう。
IMG_5613
IMG_5614
早速中に入ってみましょう。
まずはダイニングのコーナーへ。
IMG_5618
ビュッフェ台にはホットミールとコールドミールの両方が並んでいます。
IMG_5620
IMG_5622
ワインは泡系はシャンパーニュはなくスパークリングのみです。味は美味しかったですよ。
IMG_5624
IMG_5623
ダイニングは中央にタイル天板の大テーブルがあり、それを取り囲むように窓沿いにソファ席があります。
IMG_5633
IMG_5619
IMG_5631
IMG_5628
IMG_5630
食事はビュッフェメニューの他にオーダーできるメニューもあります。この時はジャスミンライスの黒故障ビーフボウルでした。バーベキュー味のこのビーフボウル、今まで体験したラウンジご飯でも5本の指にはいるぐらい美味しかったです。
IMG_5632
IMG_5626
IMG_5627
食後はバーカウンターでカクテルを注文。せっかくシンガポールにいるのですからここはシンガポールスリングでしょう。
IMG_5615
IMG_5634
IMG_5635
バーテンダーさんが張りきってつくってくれました。出来上がってきたのはシェイクして作るラッフルズスタイルのシンガポールスリングです。もっとも本家ラッフルズホテルのバーのそれは出来合いのものが注がれるだけですが(笑)。
IMG_5636
IMG_5637
外国でカクテルを飲むとがっかりすることが多いのですが意外と(失礼!)素晴らしい出来でした。
そういえば昔、南米サンチャゴのホテルバーでシンガポールスリングを注文したのですが、私の発音が悪かったのか、南米では知られていないのか、どうしても通じず、結局ピニャコラーダにしたことがありました(笑)。
数回にわたってお届けしてきた2015年2月のシンガポール編は今回で終了です。

add_theme_support('post-thumbnails');