帝国ホテル ザ・クラブルーム(THE CLUBROOM)で和洋中の軽食とシャンパーニュを

以前にJAL上級会員専用の会員制プライベートクラブで「センチュリー21」という不動産屋さんのような名前の組織があり、国内数か所のホテルの専用ラウンジを利用できました。JALダイアモンドメンバーは無料で会員になれましたが、残念ながら現在はクローズとなってしまいました。
昨年度は無くなった経過措置としてメンバーズラウンジがあったホテルのひとつ、帝国ホテルにあるTHE CLUBROOMを利用できる利用券が4枚送られてきましたので3月末に利用してみることにしました。
ちなみに帝国ホテルには様々なクラブがあり、更に高級なゴールデンライオンは麻生元首相が通っていることで有名になりましたね。
IMG_20160330_190611
こちら平日と土曜日の夜のみの利用ですが、普段はインペリアルクラブ会員が宿泊時に利用できるラウンジとして利用されている施設です。ちなみに普通にザ・クラブルーム会員として入会すると年間86,400円するそうですが、その価値があるかどうかはその人次第ということなのでしょう(入会資格はすでにインペリアルクラブ会員であることです)。
IMG_20160330_215836
ラウンジではホテル館内の各レストランの料理を運んできてもらうことが出来ます。一応メニューの中からチョイスするようになっているのですが、おそらくは会員であれば載っていないメニューを取り寄せる等の我儘は聞いてもらえるのでしょう。今回は利用券で入っているだけですし基本的にはメニューの中から選ぶことにしました。
が、シャンパーニュを飲もうとしたらほぼ選択の余地がありません。それはさすがに寂しいので結局ボトルワインのメニュー持ってきてもらうことになりました。さすがに帝国ホテル、シャンパーニュのメニューが豊富で、実は値づけも良心的です。そういえばオークラのシャンパーニュもラインナップも同様に種類が多く同じような値づけでした。外資系ホテルだとこうはいきませんね。
シャンパーニュは比較的ポピュラーなドゥーツを。確かボトルで12000円ぐらいだったかと。
IMG_20160330_194043
IMG_20160330_214418
料理は折角なので複数のレストランのものを注文してみます。ちなみに周りは社用族と思われるグループがほとんどですが、たまに個人で来店される方もいます。個人の方はさらっと飲んで早めに帰る人が多いですね。ちなみに女性のスタッフは深いスリットのはいった制服を着ていますが接客はまだそれほどは慣れていないような感じでした。
IMG_20160330_191932
IMG_20160330_191936
IMG_20160330_192804
最初は中国料理「北京」から点心を。
IMG_20160330_194744
IMG_20160330_194837
この海老とマンゴーの点心は想定外の美味しさでした。
IMG_20160330_194826
春巻きもサクサクの熱々。
IMG_20160330_200207
洋食はボンゴレスパゲッティを。正しいボンゴレの見本のような味でしたね。
IMG_20160330_210205
そして太巻き。これが想像以上のボリューム。これだけでお腹いっぱいになるボリュームでした。
IMG_20160330_211257
IMG_20160330_211327
IMG_20160330_215726
使い方によっては「アリ」なラウンジでした。
お店を出たころには既にロビーはがらんとしていました。いつも賑わっているイメージのロビーですが空いている時間もやはり良いものです。
IMG_20160330_221205
IMG_20160330_221238
さて、家に帰ることにしましょう。

add_theme_support('post-thumbnails');