オークラプレステージ台北 ホテル宿泊記その4 バスルーム(台湾週末弾丸一人旅2016秋 その7)

オークラプレステージ台北の宿泊記、続いてバスルームの紹介です。サニタリーエリアは洗面カウンターと浴室が独立型になっています。
IMG_2807
洗面カウンターは浴室を洗い場付きのタイプとした分、狭くなっています。
IMG_2818
浴室との仕切りはガラス。
IMG_2815
浴室はバスタブも大きくハンドシャワーのほかにレインシャワーもあり、洗い場のスペースも十分です。このあたりの水回りの空間配分がいかにも日本のホテルという感じですね。
IMG_2827
浴室内には液晶テレビも設置されています。
IMG_2830
IMG_2828
IMG_2832
IMG_2825
バスアメニティはアロマテラピーアソシエイツです。
IMG_2834
歯ブラシなど他のアメニティーはカウンターにある小さな引き出しに収納されています。
IMG_2819
IMG_2822
サニタリースペースの向かい側には大きいサイズのクロゼットがあります。幅はそれほどでもないのですが奥行があります。
IMG_2803
ハンガーにはナイトウェアやバスローブがあります。
IMG_2804
IMG_2806
IMG_2802
トイレも独立型で、何故か入り口は引き戸です。そういえばホテルニッコーロイヤル台北も改装後の部屋のトイレは引き戸でしたね。
IMG_2843
IMG_3092
トイレはもちろん洗浄機能付き。音姫までついている高級バージョンです。
次回は夕食の様子をお届けします。

add_theme_support('post-thumbnails');