レストランジガンテで白トリュフづくしのランチコース(クロアチア旅行2017)

クロアチア・イストラ半島の白トリュフ産地「リヴァデ村」にあるレストラン「ジガンテ」。ジガンテ社はクロアチア最大のトリュフ会社です。レストラン併設のB&Bに宿泊した翌日に白トリュフコースランチを楽しみました。
IMG_1497
IMG_1495
白トリュフといえばイタリア・アルバ産が有名ですが、クロアチアのイストラ半島も近年知名度を上げてきています。
入り口には1999年にイストラ半島でジャンカルロ・ジガンテ氏が見つけた世界最大のトリュフのレプリカが置かれています。当時はギネスにも登録されたそうです。
IMG_1509
またすぐそば「コンプレイン・ノート」なるものがありましたが、どちらかというと観光地の喫茶店にあるような感想ノートみたいな感じになっていました(笑)。
IMG_1514
それでは座席につきましょう。朝食と同じ場所に座りました。
IMG_1521
最初にイストラ半島産のスパークリングワイン「MISAL」をいただきながらメニューを眺めます。メニューは白トリュフを使ったコース、黒トリュフを使ったコースに分かれていて、今回は時期でもありせっかくなので白トリュフのコースを注文することにしました。
IMG_1518
IMG_1520
IMG_1517
IMG_1519
IMG_1515
まずはアミューズ的なものが2品やってきました。こちらもトリュフの香りづけがされていました。
IMG_1522
IMG_1526
IMG_1527
そして白トリュフの登場。
IMG_1532
海老の料理にその場で白トリュフを削っていきます。
IMG_1533
IMG_1537
IMG_1541
次にはまたアミューズ的なものも。
IMG_1543
パスタ料理も白トリュフを味わうためにシンプルなものが。
IMG_1545
こちらにもたっぷりと白トリュフが削られていきます。
IMG_1547
IMG_1549
食べていて思うのはレストラン中に広がる芳醇というか猛烈と言ってもよい香り。やはり現地の新鮮な白トリュフだからでしょうか。日本でも白トリュフは何度か食べていますがそれと比較しても香りが違う気がします。
IMG_1550
続いてはこんなワインを。
IMG_1555
IMG_1559
ここで卵料理がいったん出て・・・
IMG_1561
メインは肉の煮込み料理。
IMG_1564
IMG_1566
IMG_1570
デザートも2品提供されます。
IMG_1575
最後は小菓子とコーヒーで終了です。
IMG_1577
IMG_1578
クロアチアにしてはかなり高い部類になりますが、新鮮な白トリュフを使った料理が楽しめるということを考えると価値は十分にあるように感じました。
食後は付近を散策。
この時期毎週末には「ジガンテ・トリュフ・デイズ」と銘打ったトリュフイベントが行われています。週末に合わせて宿泊することもできましたが混雑でサービスがうすくなってもということで平日に訪れました。
IMG_1506
IMG_1505
IMG_1503
リヴァデ村は人口200人ぐらいの小さな村で、中心部と言ってもいくつかの建物があるのみです。
はちみつ屋さん
IMG_1492
IMG_1490
郵便局
IMG_1491
これは?
IMG_1486
ジガンテのショップ
IMG_1482
IMG_1483
ラウンド・アバウト
IMG_1484
クロアチアの小さな村でのランチは思い出深い時間になりました。

add_theme_support('post-thumbnails');