ザ・シャーウッド台北 ジュニアスイートルーム宿泊記1 (台北週末1泊旅行2018)

今回の台北の宿はザ・シャーウッド台北。台北中心部にはIHG系やヒルトン系のホテルがなく(郊外にホリデイ・インはありますが1泊で郊外は避けたかったので除外)、オークラニッコー系は過去2回でそれぞれホテルロイヤルニッコー台北オークラプレステージ台北に宿泊しているので、今回はそれ以外のホテルにしてみました。
ホテルへは桃園空港から台北駅までは新しくできた桃園機場捷運(エアポートMRT)を利用し、台北駅からはタクシーを利用しました。
DSC_0049
DSC_0050
桃園機場捷運のMRT台北駅。
DSC_0139
DSC_0140
DSC_0142
ホテルに到着。ロビー周りのインテリアはとても落ち着いた雰囲気です。
DSC_0072
DSC_0071
予約はBooking.com経由でエグゼクティブツインルームを約6500TWD(約24000円)にて。この部屋カテゴリでは比較的安い料金ではないかと思います。チェックイン時にジュニアスイートにアップグレードしていただけました。ただクラブアクセスは別料金なのでつきません。
ジュニアスイートというとワンルームタイプのスタジオスイートが多いですが、こちらはスイートの名の通りリビングとベッドルームはセパレートになっています。部屋面積は約60平米です。
IMG_4850
IMG_4808
IMG_4805
IMG_4832
インテリアはシンプルで上質、今どきのホテルからすると古臭く感じるかもしれませんが、実際に滞在してみるととても居心地の良い空間であることに気づかされます。
比較的高層階でアサインされましたが、台北のホテルによくありがちな風景で特に見たくなるような景色ではありません。
IMG_4835
最近日本のホテルにも導入することが増えているhandyもありました。テザリングもできるのでこれがあればモバイルルーター代わりにも使え、現地でSIMを購入する必要もないですね。
IMG_4849
ベッドルームはコンパクトです。
IMG_4812
IMG_4833
IMG_4839
ベッドメーキングはちょっと微妙です(笑)。
IMG_4810
バスルームやその他設備のご紹介は次回。

add_theme_support('post-thumbnails');