広州沙面のレトロ スターバックス(GW広州旅行2018)

広州での夕食は第十甫道にて、お店のチョイスが悪かったのかまあまあ美味しいのですがそれ以上の感動はなく普通に中華屋さんで食べたという感じでした。

DSC_1093
DSC_1095
DSC_1097
DSC_1098

そして向かったのは沙面島。沙面は宋の時代に通商の要地として整備された砂洲でアヘン戦争後の南京条約によりイギリスとフランスの租界となり、さらには天津条約によって広州が開港させられ洋館の建設が進んだそうです。経緯は全く違いますが「機能」としては長崎の出島に近いというか、一般人とあまり交流をしない形で通商の要所となったということなんでしょう。
メインストリートの沙面大街には多くの洋館が残っており、通り沿いにはカジュアルの木が並んでいます。

DSC_1102
DSC_1110
DSC_1099
DSC_1100

その中にスターバックスコーヒーの店舗があります。洋館をそのまま利用した大規模店で、当然ながらスターバックスリザーブ店舗です。また中国には既に30店舗を超えるスタバのコンセプトストアがあり広州天環広場店もそのひとつですが、こちらの沙面店がどうかは不明です。

DSC_1104
DSC_1113
DSC_1111

洋館の雰囲気がそのまま活かされた店内はさすがの空気感ですね。

DSC_1121
DSC_1122
DSC_1120

フードメニューも充実しています。

DSC_1118
DSC_1117

グッズ類。

DSC_1116
DSC_1115

座席は1回のほか、2階もあり総座席数はかなりのもの。

DSC_1123
DSC_1125
DSC_1124

2階のテラス席もあり、こちらは喫煙もできます。

DSC_1126
DSC_1114

写真が何故か残っていませんでしたがこの時はベリーのフラペチーノを。スターバックスは一人で入ることは少なくて(どちらかというとドトール派なので 笑)、夫婦で入るときにワンモアコーヒーを利用することがほとんどですので久しぶりにフラペチーノ系を飲みました。
途中雷雨があったようですが、お店を出た時には止んでいてちょうど良い雨宿りになったようです。

add_theme_support('post-thumbnails');