サロベツ原生花園(稚内・礼文島旅行2018年6月)

サロベツ原生花園というと6月下旬に一帯に咲き乱れるエゾカンゾウ(ニッコウキスゲ)が有名ですが、そういった花の時期には少し早いものの、稚内エリアに来ることはそうそうないのでクルマを走らせやってきました。

DSC_2105

途中ドライブ中にあまりにもこの日寒かったため「しまむら」でセーターを買い足し(6月ですが日中も気温一桁でした)。さすがの爆安ですね。

DSC_2086

サロベツ原生花園はラムサール条約に2005年に登録された湿地(日本で最初にラムサール条約に登録されたのは釧路湿原 1980年 ※ラムサールは条約作成の地であるイランの都市の名前)で、サロベツ湿原センターを出発点として1周40分ほどの木道が整備されています。昔は小さな小屋があるのみだったのですが、今はレストランも併設した立派なビジターセンターになっていました。

DSC_2087
DSC_2091

センターの傍に横たわっていたのは、昔このエリアが泥炭の採掘地であった当時の浚渫船です。ここでは2002年ごろまで泥炭を採掘していたそうです。今はそのエリアは湿原の再生が行われているそうです。湿原センターには隣接して泥炭産業館もありその当時の様子がわかります。

DSC_2092

浚渫された後は細長い池のようになっています。

DSC_2094
DSC_2097

明日からの礼文島に備えた足慣らし?の意味も含め軽く木道を一周。やはり原生花園のイメージのように花が咲き乱れている感じはなかったですがよく見るとあちこちにかわいらしい花が。

DSC_2090
DSC_2107
DSC_2101
DSC_2102

このあたりはちょっと原生花園らしかったかな。

DSC_2110

稚内からの行きは内陸からアプローチしましたが、帰りは海沿いの日本海オロロンラインを。海の向こうに雲をかぶっているのは利尻富士です。

DSC_2114
DSC_2117
DSC_2118
DSC_2123

稚内市内に入りカフェでお茶でもと思い検索しましたが、その時の気分に合ったところがなく結局コーヒーだけ飲めればいいやとカフェコーナー付きのセイコーマートへ。
ところが豊富町産の牛乳を使用したアイスカフェラテが期待以上の味。牛乳が良いのかコーヒーが良いのかわかりませんがセブンのそれよりも美味しく感じました。

DSC_2126
DSC_2127
DSC_2129

セイコーマートは惣菜が充実して安いのもいいですね。部屋飲み用に少し買っていきました。

DSC_2125

レンタカーを返却する前にもう少し立ち寄っていきます。

add_theme_support('post-thumbnails');